人気ブログランキング |

キャロルの日記 / ピアノスタジオ・ジャコメッティ

karol1.exblog.jp

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんなキャロルの普段の生活をリポートします。

ブログトップ

<   2018年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カーネギーホールのボックス席のホールウェイは貴賓スタイルです。

そう、今回はメトロポリタン歌劇場に続いて、カーネギーホールでもボックス席が取れました。

ニューヨークに居た頃は、ボックス席など贅沢過ぎて素通りしておりましたが、自分もこう言う身分相応になって来たのかしら?(年齢が)と思ったり。

ボックス席には、それぞれにカーテン付きの扉が付いており、外界と分けられております。

そして、その廊下には額に入れられた写真が飾られています。
d0107660_23114431.jpg
ニューヨーク在住のピアニスト、エマニュエル・アックスさん。
d0107660_23114762.jpg
ニューヨーク在住のピアニスト、リチャード・グッドさん。
d0107660_23115098.jpg
ニューヨーク在住のチェリスト、言わずと知れたヨーヨーマさん。
d0107660_23115539.jpg
他にも載せきれないほどありまして、見応え充分です。

カーネギーホールにいらした際には、2階、3階のボックス席廊下をご覧になってみてください。


それではまた。




by karol1 | 2018-04-30 23:10 | Comments(0)
生キーシン様に続きまして、今日はポリーニ様です!
d0107660_07390987.jpg
カーネギーホール、上から見るのも美しいです。
d0107660_07391270.jpg
下から見上げるのも美しいです。
d0107660_07391488.jpg
今回は、メトロポリタン歌劇場に続き、カーネギーホールでもボックス席を取る事が出来ました。

貴賓席と言われるボックス席、昔から憧れだったのですよね。

ボックス席は、この様に一部屋づつドアが付いています。
d0107660_07391736.jpg
そしてボックス席の中に入ると、こんな感じです。

やはり気品がありますですよね。
d0107660_07391942.jpg
ポリーニ様の今回のプログラムはこちらです。

ショパンのプレリュード、バルカローレ、ソナタ第2番が前半で、
ドビュッシーの前奏曲集第2巻が後半です。
d0107660_07431557.jpg
ポリーニ様、オン年76歳だと言いますが、すっかり老けましたね。年齢を聞くまでは80代に見えました。

でもあの迫力は、流石だと思いました。

そうです、やはりショパンも力強いのです!

日本にいると、どうしてもショパンが綺麗な感じにまとめがちな傾向にあり、やはりそれではいけないのだ、と鞭を打たれた気分です。そうです、ショパンの音楽は激しいのです!!

ポリーニ様のピアノからも、轟音が鳴っておりました。やはりこのくらいしないと、ショパンの魂が出てこないですよね!恐れ入りました。

また日本に戻ったら、ショパンをもう一度見直します。


それにしても、生ネトレプコに続き、生キーシン様、そして巨匠ポリーニ様と、大変贅沢な、贅沢過ぎる程の一週間でございました!!
これぞ、ニューヨークでなければ起こり得なかった演奏会ばかり!
やはり、世界のトップスター達が集まる街、それがニューヨークなのですよね。

自分自身への充分な程の心の栄養になったと思います。

私も明日から本格的なリハーサル漬け&演奏会の日々が続きますので、気持ちを切り替えて頑張ります!

まず最初の本番はこちら。
d0107660_08004622.jpg
5月4日にあります。

そして5月9日と続きます。

それではまた!





by karol1 | 2018-04-30 07:38 | Comments(0)
連日のメトロポリタン歌劇場を堪能しておりましたが、昨日はカーネギーホールでの演奏会に行って参りましたよ。

なんと、幻のチケットと言われるエフゲニー・キーシンのチケットが取れたのです!

エフゲニー・キーシンと、エマーソン弦楽四重奏団の共演と言う、大変貴重で素晴らしい演奏会です!

幸運にも、こんなに良い座席が取れたのです!
d0107660_22055773.jpg
メトロポリタン歌劇場での公演も良い座席に恵まれていたので、今回の旅は色々な意味で幸運を感じております。

下の写真は、その幻のチケットです!

だって、会場の入り口には、チケットを売り買いする「ダフ屋さん」達がわんさかとおりましたから!(私はきちんと正規に購入しましたよ)
d0107660_22060042.jpg
プログラムは、前半がモーツァルトのピアノ四重奏曲、そしてフォーレのピアノ四重奏曲でした。

キーシン、素晴らしい!!!!

もう神の域です!

アメリカ時代に愛用していた高性能の双眼鏡を日本から持ってきたので、顔の表情から手さばきから、全てを細かく観察させていただきましたよ!

そして休憩の間に、今キーシン達が居た場所にやって来ました。
d0107660_22143793.jpg
客席はこんな感じです。
d0107660_22144067.jpg
後半のプログラムはピアノクインテットになるので、ヴァイオリンの椅子を増やし、マイクのセッティングなどの微調整を念入りにしていました。
d0107660_22144214.jpg
後半はドボルジャークのピアノ五重奏曲。

それはそれは素晴らしかったです!

そしてカーテンコール!
d0107660_22181515.jpg

d0107660_22181702.jpg
そして、アンコールは、ショスタコーヴィッチのピアノ五重奏曲より『スケルツォ』。
d0107660_22182362.jpg
↑(譜めくりの方は日本人でした)

昨日の生ネトレプコに引き続き、

生キーシンを拝む事が出来て、

心からの栄養となりました。


カーネギーホールの演奏会は、
次はポリーニ様に行って来ます!

ああ、やっぱりニューヨークは凄いエネルギーですね!!!


毎日忙しいですが充実です!

🗽🗽🗽






by karol1 | 2018-04-29 22:02 | Comments(0)
メトロポリタン歌劇場のオペラ『トスカ』ネトレプコ主演の新演出のプロダクションは、本当に素晴らしかったです!

もう素晴らしかったと一言では表現仕切れません。もう兎に角素晴らしかったの一言です。

完売御礼の公演の為、歌劇場内は一つの空席が無い程に超満員でした。

その人々が帰り際に、兎に角凄かったわねえ、とかネトレプコはディーヴァだわねえ、などと皆さん感動を口にせずにはいられない程なのです。

興奮冷めやらぬオペラ劇場の前にて。(既に深夜に近い時間ですよ!)
d0107660_10235744.jpg
劇場のセットも素晴らしかったです。第二幕が最も見せ場が多く(トスカの有名なアリアも第二幕です)、舞台のセットもそれはそれはゴージャスで、第二幕が開いた途端に客席内から感嘆の声が聞こえました。

でも写真を撮れるのは、終演後のカーテンコールのみ。

こちらがカーテンコールです。
次々と主役が入って来るのを待ちます。
d0107660_10240043.jpg
カヴァラドッシ、トスカの恋人役。

実は、トスカ役のネトレプコとは本物の夫婦❤️ と言う事で、トスカに愛を捧げる所などは、とても自然でした。夫婦で主役を演じられて、さぞかし幸せでしょうね。
d0107660_10240823.jpg
そして、お待ちかねネトレプコが登場すると、会場がどよめきます!あのカーネギーホールでアルゲリッチがステージに登場した時の熱狂に似た感じです!
d0107660_10241039.jpg
今日の主役級は全て素晴らしかったです。
d0107660_10241328.jpg
ネトレプコは、後世に残る大歌手になると思います。

何というか、オーラと言うか、身体全体から醸し出される迫力と言うのでしょうか。そしていて、歌唱はどこも力んだところがなく、とても自然体。それでいて身体の横からも後ろからも声が発せられている感じなのです。

やはり、生で見るネトレプコは良かったです!CDやDVDでは、この彼女の空気感、存在感と言うのは分からないですからね。

それではまた。




by karol1 | 2018-04-29 10:22 | Comments(0)
メトロポリタン歌劇場

初めてのボックス席です!
d0107660_08003417.jpg

映画の中のオペラシーンみたいです!
d0107660_08005088.jpg

歌劇場は今日は完売御礼!
d0107660_08011323.jpg

生のネトレプコ、やはり凄いです!!

おまけ

ボックス席よりオーケストラピットを見下ろします。
d0107660_08205169.jpg




by karol1 | 2018-04-29 08:23 | Comments(0)
メトロポリタン歌劇場、開演前の優雅なひとときです。

まずは、壁に掛かる巨大なシャガールの絵です。
d0107660_08042517.jpg
バルコニーより、歌劇場に来る人々を眺めているのも、優雅なひとときです。
d0107660_08043069.jpg
バルコニーの別のアングルより
d0107660_08043362.jpg
二階のバルコニーはこんな感じです。
d0107660_08130700.jpg
写真下の、左側の建物は、ニューヨークシティバレエの本拠地です。クリスマスには有名なくるみ割り人形公演も行われます。
d0107660_08043696.jpg

天井が高いですね
d0107660_08043903.jpg
そして、下の写真、右前に見えるのが、ニューヨークフィルの本拠地です。
そして、まっすぐ前がジュリアード音楽院です。
d0107660_08092768.jpg
開演前の優雅なひととき、ここでシャンパン🥂を片手にオペラの話で盛り上がったりしていますよ。

d0107660_08184586.jpg

メトロポリタン歌劇場より



by karol1 | 2018-04-29 08:03 | Comments(0)

メトロポリタン歌劇場より開演前の素晴らしい瞬間です

d0107660_07582428.jpg


by karol1 | 2018-04-29 07:57 | Comments(0)
今夜は、メトロポリタン歌劇場にて『トスカ』を鑑賞して参ります。

主役は、今はスーパースターのアンナ・ネトレプコです!

チケットは、完売だそうですよ。凄い人気ですよね。

先日のニューヨークタイムズ紙でもネトレプコの事が絶賛されていましたよ。

そんな訳で、とっても楽しみです。
d0107660_01033733.jpg

実は、
昨夜もメトロポリタン歌劇場にて『ランメルモールのルチア』を鑑賞して参っておりました。
d0107660_06240891.jpg

連日のオペラ鑑賞です。(折角のNYに居る間ですから!)

d0107660_06221350.jpg
素晴らしいプロダクションに酔いしれて参っておりました。
写真は昨夜からの公演『ランメルモールのルチア』のカーテンコールより。(スタンディングオベーションでした!)
d0107660_01091361.jpg
そして、主役のルチアが登場です。
d0107660_11451314.jpg

そして、客席はこんな感じです。圧巻です。
d0107660_01091994.jpg
オーケストラピットはこんな感じです。
d0107660_01095321.jpg

それにしても、
やはりメトロポリタンオペラは素晴らしいですね!!!


🅾️🅾️🅾️



by karol1 | 2018-04-27 01:02 | Comments(0)

機内より

ニューヨーク便は、
アラスカ上空を経て、カナダ経由で五大湖を通り、東海岸のニューヨークに到着します。

その間に、機内からオーロラが見えます、とフライトアテンダントさんに言われ、真夜中の幻想的なオーロラを見る事が出来ました。

その後も、通路側だった事もあり、頻繁にトイレ&水分補給をしていましたので、窓から移りゆくアラスカ上空の景色を見ることができました。

それがその内の一枚です。
(アラスカ上空)
d0107660_02332656.jpg

朝焼けですね。

その後はこんな感じでした。
(カナダ上空)
d0107660_02332689.jpg

こうやって見ると、地球は丸いなあと思うことができますね。

ニューヨークには定刻に到着しまして、無事にリハーサルも出来ました!

タクシーからの眺めも、全てが懐かしいではないですか!!

当時はキャロルカーをブイブイ言わせて走っていましたので、全て、どの道も、走っていた道で、本当に懐かしかったです。

では、3年ぶりのニューヨーク暮らしをしばらくの間、エンジョイしようと思います!


✈️✈️✈️



by karol1 | 2018-04-25 02:21 | Comments(0)

ニューヨークへ!

久しぶりのニューヨークへ、行って来ます!
d0107660_03160035.jpg


🗽🗽🗽


by karol1 | 2018-04-22 03:14 | Comments(0)