人気ブログランキング |

キャロルの日記 / ピアノスタジオ・ジャコメッティ

karol1.exblog.jp

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんなキャロルの普段の生活をリポートします。

ブログトップ

2008年 01月 10日 ( 1 )

クリスマス前に行われた、キャロル生徒達の発表会の写真です。

これは小学生と中学生が中心の発表会です。最前列にいる生徒も全員1年生以上になりました。キャロルにピアノを習い始めたのは幼稚園の時でも、もうあっという間に4年生とか5年生になっているのですからね~
ここには高校生&大学生、そして大人の生徒さんはなぜか参加を控えていますが、それにしても小さい子達はかわいいわ~(まるで我が子の気分)
d0107660_1121146.jpg

年が明けて、今度は春に行われる『NYSSMA』と呼ばれるニューヨーク州立実技試験に向けて、スタートを切っています。

これは小学校低学年でも課題をクリア出来る生徒なら、トライさせるようにしています。これはNY州内であれば、公立でも私立の小・中・高校、どの学校からでも出願できます。
このロングアイランドのエリアは、教育水準が極めて高く、芸術にも力を入れています。小学校からオーケストラや吹奏楽があり、3年生から楽器を選択できるのです。ヴァイオリン、チェロだけでなく、フルート、クラリネットだけでもなく、全てのオーケストラ楽器の選択が可能。例えばフレンチホルンとか、トロンボーンだとか、はたまたベースクラリネットだとか。
学校にはコンサートホールまであり、そこで小学生でも定期オーケストラコンサートがある程なんです。もう高校生レベルになると、超本格的。
公立学校とは言えども、オーケストラや吹奏楽の先生は、かなりすごい先生であることが多いです。

このNYSSMA(NewYorkStateSchoolMusicAssosiation)は、それぞれのレベル(1~6)で課題曲が出されていて、それからスケール(音階)と初見が出題されます。一人一人に点数とジャッジのコメントもくれるのよ。教師に取っても、勉強になりますからね。

大学生は中間や期末試験があるけれど、子供達にもそういう励みがあると、頑張れるものね!発表会とは違った意味で。

今年は、更に生徒それぞれのレベルを上げること、そして高得点が取れることを目標に、今年も頑張ります!
by karol1 | 2008-01-10 12:37 | 生徒の発表会 | Comments(0)