ターナー展@上野東京都美術館

こんにちは、キャロルです。

早いもので11月も終わろうとしておりますが、皆さまお元気ですか。
今朝はNY時代の友人達が、様々な『サンクスギビング』の写真を投稿してくれていて、ほのぼのとした気分になりました。(アメリカ時間は木曜の夜。ちょうど感謝祭のディナーが終わった頃でしょうか)
どうやら、NYでは雪が舞い、ホワイト・サンクスギビングになった様です。

さて、キャロルのブログも、今月初めに別府への旅以降は、なんだか全てが
『ザレファストリオ』の演奏関連の事柄ばかりになっておりました。

今月は、様々な本番やレコーディングなどが重なり、
それに伴い、必然的にリハーサル回数も増え、
プラス、楽器を一緒に選びに行ったりもしていたので、
実に週のうち半分以上、いえ、ほぼ毎日の様に顔を合わせていた私達でした。

でもそんな中、キャロルの夫くんは、自分の数学の研究に精を出し、
毎日充実した日々を送っていた様です。
(夫くんは、そんな時はごきげんです)

さてさて、そんな私達ですが、好きな美術展にも足を運んできましたよ。
『ターナー展』です。
d0107660_11283461.jpg

ターナーはイギリスの巨匠ですが、
私は昨年、夫くんに連れられてBunkamuraにて『ターナーの水彩画展』を見に行ったのが初めてでした。
(美術にも詳しい夫くんは、ターナーはかなりお好きの様です)

そして、今回の東京都美術館での『ターナー展』は、ほんとうに素晴らしかったです。
これまでターナーの水彩画しか見たことがなかったキャロルでしたが、
今回は彼の油絵の素晴らしい作品をたくさん(これでもかという程)見ることが出来まして、
実にすばらしい巨匠である、ということを再認識いたしました。

+++

さて、これはどこで撮ったものかお分かりになりますか?
d0107660_11281494.jpg

ふむふむ、なんだか少し歪んでいる様な気がしますよね。

???

正解は、
そう、この美術館の入り口広場にある、
このボールに映った私達でした。
↓↓↓
d0107660_11283059.jpg

結婚してから、もうすぐ2回目のクリスマスを迎える私達ですが、
ほんとうに仲が良いのですよ。

この日は秋晴れの良いお天気でしたので、
デパートの屋上でワイン?を楽しみました。
d0107660_1129082.jpg

と同時に、夫くんは、少々高価なワインをまたまた購入。
こちらも夫くんの趣味でございます。
キャロルはもっぱらおこぼれをもらう担当ですが、
ワインの楽しみも結婚してから更に広がりました。


このブログを見てほのぼのとした気分になってくれるといいな☆



それではまたね。



キャロル
[PR]
Commented by desire_san at 2013-12-13 15:20
こんにちは。
私もターナー展に見てきましたので、ブログ楽楽しませていただきました。
今回初期から晩年までのターナーの多くの作品を見られたのは良かったです。
沢山のターナーの作品を見て、ターナーとう画家の作品に今までとは違った見方ができるようになったようにもなりました。

そのあたりも含めて、美術展内の説明とは別の視点もあわせて私なりにブログに整理してみましたので、よろしかったらぜひ覗いてみてください。
どんなことでも結構ですから、ご感想、ご意見などブログにコメントなどをいただけると感謝致します。
by karol1 | 2013-11-29 11:57 | 美術館・展覧会 | Comments(1)