オランダの風車がある佐倉チューリップフェスタ2016に行って来ました。

まず、朝日新聞で記事を見つけて、このフェスティバルの存在を知りました。
d0107660_09343864.jpg

これは、実際に行ってみるべく、いざ佐倉へGo!(船橋で京成線に乗り換え、佐倉駅よりシャトルバスが出ています)

到着しました〜!

このフラワーフェスティバルの中心にあるのが、こちらのオランダの風車です。存在感たっぷりですよ!

気分はすっかりオランダです!
テンションも一気にアップです!
d0107660_22055294.jpg

会場には見渡す限りの平野に色とりどりのチューリップが満開でした。全部で今年は71万本のチューリップが植えられたそうですよ。

風車とチューリップの組み合わせが絵になるので、風車と一緒に様々な色の組み合わせで撮ってみました。

最初は黄色のチューリップと風車。
d0107660_22055264.jpg

次にピンクのチューリップと風車。
d0107660_22055300.jpg

白いチューリップと風車。
d0107660_09281322.jpg

こちらは白地にピンクが入っているチューリップとオランダ小屋。
d0107660_22055577.jpg

周りは見渡す限りのチューリップ畑です。
d0107660_22055518.jpg

ピンクのチューリップも可愛いですね。
d0107660_22055626.jpg

風車です。
d0107660_09281302.jpg

風車の裏側です。
d0107660_09281393.jpg

遠くから見た風車です。
d0107660_09281444.jpg

最後に、チューリップ畑に並べられた長靴も、オランダ仕様で可愛いです。
d0107660_09281464.jpg

素晴らしいチューリップ達にすっかり癒されて来ました。

またこの時期に訪れたいです。

001.gif


[PR]
by karol1 | 2016-04-25 21:58 | Comments(0)

アップル創業者
スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉を、これから載せます。

私はこれを読んで、自分は芸術と言うものを追求していく世界にいられる事の幸せを感じました。最終的には、お金は生きる手段でしかなく、私の場合は、この素晴らしい芸術で、それが仕事となっているのだから、こんなに幸せな事はないと思いました。私の与えられた天職だと思っています。そんな自分自身の天命を全うしたいと思っています。以上です。

ここから転載します。

"私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
   
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
   
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
   
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。

「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。
   
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。だけれど、

あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
   

「健康な生活を送る本」

  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために

あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

スティーブ・ジョブズ
1955年2月24日 - 2011年10月5日
[PR]
by karol1 | 2016-04-25 21:20 | Comments(0)

さて、皆さんは、下の三つの種類の花の違いが分かりますか?
d0107660_16395800.jpg

実際に花びらの方を作ってみました。
d0107660_16380796.jpg

実際のお花の写真はこんな感じです。
d0107660_21353145.jpg

でも、キャロル邸のお向かい宅に咲くピンクのお花は、このどちらでもないのですって。では、下の花は何科でしょう?
d0107660_16380864.jpg

答えはバラ科でした。

桜にも似てますがね。

それではまた。

001.gif


[PR]
by karol1 | 2016-04-11 18:30 | Comments(0)

恐竜博2016 二大肉食恐竜、夢の競演!へ行って参りました!

場所は、東京上野公園にある国立科学博物館です。
d0107660_00064246.jpg

実物大の恐竜が観れるとあって、大人気の展覧会となっています。

こちらが今回の目玉、スピノサウルスとティラノサウルス。さてどんなのが現われるかな?
d0107660_00064339.jpg

長い行列を経て、中の大混雑をかき分けて進むと、現れたのが、こちら!

ジャーン、

ティラノサウルス

おおおお!
d0107660_00064334.jpg

そして、

こちらが、

スピノサウルス

ひぇー!!!
d0107660_00064338.jpg

大迫力でした!!!


6月12日まで、国立科学博物館でやっています。

恐竜展の後は、科学博物館の常設展の方も楽しんで帰ってきましたよ。

それではまた。

001.gif

[PR]
by karol1 | 2016-04-11 08:16 | Comments(0)

恐竜展@国立科学博物館を堪能したら、お腹も空いてきました。

では、ランチにしましょう!

と言うことで、上野公園の散りかけた桜を見ながら歩いて、アメ横までやってきました。

と言うのも、アメ横で行列が出来る寿司屋があるからです。

お昼過ぎている時間だというのに、今日も出来ていました、行列が。

待つこと20分でようやく奥のカウンター席に着くことができました。

ここからは、飲んで食べるのみ!

板前さんとの会話を楽しみながら、握りたての美味しいお寿司をお腹いっぱいいただいて参りました。
d0107660_00464579.jpg

これだけたっぷり食べて、大満足です!

ここはかっぱ寿司ニ号店だそうです。

板前さんが握りたてのお寿司を出してくれるところが、お皿ではなく笹の葉の上と言うのも、風情があって良いですよね。

001.gif

[PR]
by karol1 | 2016-04-11 00:33 | Comments(0)

先週の事になりますが、福島邸に行って参りました。

ここ福島邸は、まるでモデルルームのような素晴らしさなんです。

愛情いっぱいの手作りのお料理も、本当に美味しくて、美味しいワインとともに話に花が咲きました。
d0107660_23574290.jpg

福島夫人は、実は私達夫妻を紹介してくださったキューピットなんです。

まさに、マダムあっての私達と言う事になります。一生足を向けては寝れません!

結婚4周年を迎えた私達の普段の生活の報告などもざっくばらんに聞いていただいて、笑の絶えない会(笑いすぎて腹筋が痛くなった程)となりました。

マダムのお料理の数々です。
d0107660_16361802.jpg

d0107660_16361981.jpg

d0107660_16361962.jpg

d0107660_16361934.jpg

d0107660_16362083.jpg

こんな素敵なお料理を出せるようになれるようになりたいものです。

素敵なおもてなしをありがとうございました!


001.gif

[PR]
by karol1 | 2016-04-10 23:48 | Comments(0)

ようやく春らしくなってきましたね。

我が家の目の前も、春爛漫です。

お向かいのお宅に咲くのは、『海棠(かいどう)』です。
d0107660_15010760.jpg

樹齢50年のこの木。

もともとは、息子さんが小さかった時に植えたものなのだとか。

この木があることで、近所の人々をなごませてくれています。

この前で立ち止まる人や写真を撮って行く人も、この時期には多くなるのです。

まさに、木の持つパワーですね。


それではまた。

001.gif
[PR]
by karol1 | 2016-04-06 14:56 | Comments(0)

私のアメリカ人の生徒さん、レベッカさんが、大学卒業以来20年以上のブランクを経て、生涯の夢であったヴァン・クライバーン国際アマチュアコンクール(テキサス)に行けることになりました!

厳しいビデオ審査で、世界中から72名に選ばれたのです。立派です。

『アマチュア』とは言え、アメリカの超一流音楽大学出身でも、職業が『音楽以外に従事』していれば『アマチュア』とカテゴリーされるのがアメリカです。決して、アマチュアレベルと言う訳ではありません。
(ちなみに、日本のアマチュアコンクールでは、『音大出身でない人=一般大学出身』に限られます。)

実は、アメリカは「文武両道の国」であり、一流大学ではピアノのレッスンが選択出来、専門教育を受けることが出来るのです。
なので、日本の『一般大学』に行くのとは、全く取り巻く状況も異なるのです。
そんな訳で、アメリカの『アマチュア』のレベルというのは非常に高いのです。

そして、このコンクールはたったの4年に一度。まるでオリンピックの様です。
そんな夢のような祭典が、ヴァン・クライバーンの出身地、テキサスのフォートワースで開かれます。

d0107660_21523560.jpg

彼女の夢の実現に、少しでも貢献出来たことが自分の事の様に嬉しいです。

彼女の頑張りにおめでとうを送ります!

上の写真は、レベッカさんのスタジオ写真と、ヴィデオ審査の為にレコーディングを行ったスタジオです。

最後に、4月1日に正式発表を受け、レベッカさんがフェイスブックに喜びの声明を投稿しました。
こちらです。
It's official, I'm going to the van Cliburn International Amateur Piano Competition this year!! Very honored to be able to participate in such a prestigious event. Lots of practicing for the next two months!


このビデオ審査の為に1年間の準備をしてきました。
これからの2カ月も、猛練習するわ!と書いてあります。

テキサス行きは6月です。

それまでの2カ月間で、1次、2次、3次、そして本選の曲の最終仕上げのお手伝いをしますよ!


それではまた。

001.gif
[PR]
by karol1 | 2016-04-02 21:42 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30