2015年の締め括り

New Year's Eve.

今年も残すところあとわずかとなりました。

結婚3周年だった2015年の締めは、二人でゆっくりとお蕎麦です。

今年も様々な方々にお世話になりました。この場を借りて感謝申し上げます。

そして、来年もまたよろしくお願いします!
d0107660_20153785.jpg

キャロル

001.gif
[PR]
by karol1 | 2015-12-31 20:08 | ご挨拶 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

いよいよ大晦日ですね。

昨日は、同級生仲間でワイン会(忘年会)がありました。
場所は素敵なあゆむ邸です!
d0107660_12181158.jpg

素敵な仲間達と美味しいワインとお食事と楽しいお喋りで、この2015年の良い締めくくりが出来ました。

そして、なんて可愛らしいデコレーションでしょう!
d0107660_15075752.jpg

ちなみに、キャロルは真ん中のライオン君に目が合ってしまい(ちなみに私獅子座ちゃんなのです)美味しく共食い(!)しました。今年もありがとうってね(笑)

また2016年も皆様に取って良い年になりますよう、願っております。


このブログを見てくださって今年もありがとうございました。


それでは良いお年をお迎えください。


キャロル

001.gif
[PR]
by karol1 | 2015-12-31 12:21 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨日は、友人に久しぶりの演劇鑑賞をしてきました。
SCOT(Suzuki Company of Toga)の公演です。

演目は、日米2カ国語版『エレクトラ』
そして、最初で最後という『鈴木演出教室』。

張り詰めるような緊張感の舞台がノンストップで続きます。
あまりに張り詰めた緊張感が凄まじく、それを打楽器の生演奏が支えます。

私は昔から演劇も好きで、良く見に行っていました。
ニューヨークでも、学生時代はレッスンを受けに行っていたジュリアード音楽院の3階に演劇科があり、
そこで行われるワークショップの授業(一般公開されている)には、良く足を運んで刺激を受けておりました。
なので、久しぶりの演劇でしたが、やはりこのカンパニーはスゴイです。

今回一緒に見に行った友人は、ここのカンパニーで16年間看板女優をしていた方で、
今は普通の生活をされていますが、『彼女が元居た世界』というのを実際に目にすることが出来、とっても良かったです。

私とテンションが合うなと感じていたのは、彼女がこういう真剣勝負の世界でやってきた人間だからだ、と改めて分かったからです。

その彼女がずっと演じていた役『エレクトラの主役』は、彼女が引退した後、アメリカ人のエレンさんが客演としてアメリカ(NY)から呼ばれて演じています。エレンさんは、あのジュリアードの演劇科でも教えています。

舞台終演後、楽屋に会いに行ってきました。
エレンさんです。
d0107660_15272067.jpg

そして、素晴らしい動きや感性、そして緊張のエネルギーを魅せてくれたSCOTのメンバー全員です。(最後の挨拶時)
d0107660_15271614.jpg

2015年も、最後の最後で物凄いものを魅せてくれた、という印象です。

それにしても凄かった。
そして、利賀村(富山県の山奥)にも行きたくなりました!

そして、興奮冷めやらぬ私達4人は、フランス料理のお店へと向かうのでした。

次回へつづく




キャロル
[PR]
by karol1 | 2015-12-27 15:55 | Comments(0)

こんばんは、キャロルです。

クリスマス翌日の土曜日だった昨日、友人四人で演劇鑑賞をした後、素敵なフランス料理のフルコースを頂いて参りました。

凄い緊張感の高いSCOTカンパニーの演劇を鑑賞した直後のディナーでしたので、興奮冷めやらぬといった私達。
そんな私達が案内されたのは、2階の個室!ここは専用バルコニーも付いていて、最高です。
そんな中で、私達の会話は止まりません!(笑)

ここのフランス料理店Lapin Agileさんのコースのお料理はどれも美味しくて、見た目もとっても素敵です。
d0107660_02483892.jpg

こちらが冷製のオードブル。
巻き寿司のようです。
d0107660_02483939.jpg

こちらがカボチャのポタージュ。身体が温まります。
d0107660_02483915.jpg

メインはサーロインのステーキ。
d0107660_02483970.jpg

そして、デザートプレートもとっても素敵で、そして美味しかったです。
d0107660_02483964.jpg

今回、Lapin Agileさんには二階の個室を用意してくださり、まるで私達の貸し切りの様にゆったりすることが出来ました。どうもありがとうございました!

駅からも近いので、また伺いたいです。

演劇鑑賞のリポートは、後日お届けします。


キャロル

001.gif

[PR]
by karol1 | 2015-12-27 02:35 | Comments(0)

メリー・クリスマス!

こんばんは、キャロルです。

今日はクリスマスイブ。
レッスンの方も、今日で仕事納めでした。

生徒さんより、こんなクリスマスプレゼントをいただきました。
d0107660_22145238.jpg

こんなに丁寧に描かれたクリスマスカード!
優ちゃんの手作りのカードは本当に力作で、ひとつひとつの字やイラストにこころがこもっていました。そして読んでいてジーンとなってしまいましたです。
d0107660_22145346.jpg

お母様からはこんな素敵なクッキーもいただきました!
こんなメッセージが描かれたクッキーを選ぶママは、なんてハイセンスなのでしょう!
d0107660_22145336.jpg

ご丁寧にこんな素敵なプレゼントをいただきまして、頭が下がります。

教えることが大好きで、もう15年以上もやっているお仕事ですが、一人一人とのこうした出会いが素敵で、毎日が本当に楽しいです。

本年もこのブログを見てくださりありがとうございました。

そして来年もよろしくお願いします!


愛をこめて、メリー・クリスマス!

From
キャロル❤️

001.gif


[PR]
by karol1 | 2015-12-24 22:06 | Comments(0)

フラメンコ発表会2015

こんばんは、キャロルです

先週はフラメンコ発表会2015がありました。

みんな仲良しです。
d0107660_22575200.jpg

クラスメイトの3人で。
d0107660_22575340.jpg

フラメンコクラス全員で!
d0107660_22575381.jpg

こちらは先輩方の踊り(アレグリアス)です。
d0107660_22575489.jpg

踊り終わり、ポーズを決める私達。
d0107660_22575404.jpg

帰宅しました。
今年も楽しかったです。
d0107660_22575464.jpg

フラメンコを始めて3年。ようやく楽しく踊れるようになってきたかな。
でも、来年度は上のクラスに参加しようと思っております。どうなるかしら?

人生は常に挑戦です。

そんな訳で、2016年も良い年になりますように。


それではまた。


キャロル

001.gif


[PR]
by karol1 | 2015-12-23 22:46 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

少し前になりますが、クリスマス・フラメンコライブに行ってきました。
場所はメソン・セルバンテスです。

こんな感じで楽しく始まりました。
d0107660_15111527.jpg

プログラムはこんな感じです。
d0107660_15111597.jpg


ソロの踊りは、それぞれ大迫力の真剣なものでした。
d0107660_1575472.jpg

d0107660_1575830.jpg

d0107660_158214.jpg

ピラティス仲間のKちゃんと一緒に。
d0107660_158565.jpg

フラメンコのクラス皆さん全員で、大テーブル見事一列に並びました。
d0107660_158943.jpg

この後も、このメンバーで2次会でもかなり盛り上がりましたよ。

フラメンコが皆好きなメンバーです。なかなか良い感じです。

それではまた。


キャロル

001.gif
[PR]
by karol1 | 2015-12-23 15:20 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

12月は師走と言うだけあり、本当に忙しいですね。

先週になりますが、友人が指導しているお弟子さん達のヴァイオリンとヴィオラ(そして少しだけピアノ)の発表会があり、私も行って参りました。
d0107660_14000039.jpg
発表会は正午から始まり、第三部まであるプログラムの終了はなんと午後の九時でした。

でも、小さなお子さんからみなさん実に立派に演奏していて、時間が経つのを忘れる程でした。

第一部は幼稚園から小学校3年生の途中まで。第二部はその続きから桐朋の高校生達まで。そして第三部は桐朋の大学のヴィオラ科が中心と言う、立派な演奏会でした。

私の知り合いで、ニューヨークから帰国したばかりの桃花ちゃん(小3)も、立派に演奏しましたよ。
d0107660_14000075.jpg
(桃花ちゃんが当日は私と同じヘアスタイル(!)で登場したので、舞台袖のスタッフに親子と思われたそうです)

この友人のヴァイオリンの先生と私は、桐朋の高校時代のクラスメイトで、その後ニューヨークでも一緒でした。ニューヨークで一緒に発表会もやっていた事もあるので、またこうして日本でも交流が持てて嬉しいです。

発表会と言えば、舞台に飾られているのが豪華なお花です。今回もおすそ分けをいただきました。自分のレッスン室に飾ったら、更に華やかになりましたです。流石は花のパワーですね。一週間経った今も、カサブランカが強烈な匂いを放っております!
d0107660_14000154.jpg
さてさて、師走の忙しさは、暮れまで続きそうです!

それではまた!


キャロル

001.gif



[PR]
by karol1 | 2015-12-20 13:40 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

12月初めには、オペラ『金閣寺』へ行ってきました。

三島由紀夫原作、黛敏郎作曲の、壮大なオペラです。
d0107660_17385499.jpg

d0107660_17385587.jpg

舞台装置も、演出も素晴らしかったです。
d0107660_17385555.jpg

会場である神奈川県民ホール最上階ロビーから、綺麗な紅葉が見えました。
d0107660_17385563.jpg

そして、港には大きな船も泊まっていました。
d0107660_17385503.jpg

日本に戻って来てから、3年間の間に実に日本の三大オペラ(自称夫くん)を制覇出来ました。嬉しい限りです。

三善晃のオペラ『遠い帆』
松村禎三のオペラ『沈黙』
そして、黛敏郎のオペラ『金閣寺』です。

また西洋のオペラも見たくなりました。

それではまた。


キャロル

001.gif

[PR]
by karol1 | 2015-12-17 17:30 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

ローゼンバウム先生のマスタークラス@ピアノスタジオ・ジャコメッティ第一回が終了しました。

先生の一週間の日本滞在の最終日。
連日のレッスンの疲れも見せず、ひとりひとりにたいへん熱心に素晴らしいレッスンをしてくださいました。

先生がデモンストレーション(模範演奏)をされると、ピアノの音が全く違う音になるのです。それを初めて見た人にとってはまるで魔法の様でもありました。

聴講にいらしていた生徒さん達もその『音』には目からうろこで、感嘆の声が聞こえた程です。

実際に模範演奏をされるローゼンバウム先生のひとこま。
d0107660_0181042.jpg

先生から繰り出される自然な音楽の流れ、歌い方、そして音の出しかたなど、どのレベルの生徒さんにも丁寧に指導されていたのが印象的でした。

聴講に来ていた方々もたいへん刺激を受けたようで、『本物の音楽』というものを実感したようです。

『ピアノというのは弾き手(弾く人)によってこんなにも音が変わるのだ』ということを目の前で見せられて、皆さんはまずは驚きます。そして『何故だろう」と思いながら、それから『どうやっってあの様な素敵な音が奏でられるのであろうか?』という疑問になってきます。そのこと(その答えが)少しでも見つけることが出来るのであれば、このマスタークラスを開催した意味があったと思っております。

答えのヒントを申し上げると、ピアノは指先だけで弾くのでは無く、手全体(特に手の甲から手首にかけて)で音を作り出していきます。ですから、先生のデモンストレーションでは指が全く動いていない様でした。繰り返しになりますが、指先でカタカタと弾いては美しくないのです。

そして、身体の内側から出される『音楽性』、これが大切だと思います。あくまで心で歌った音楽がそのまま指に伝わって音となると言う理論です。

そこから、更に進んだレベルになると、先生から言われたことがただ出来る様になるだけでなく、それがつねに「自分で見つけられる様になっていかないといけない」ということ。それには、常に「自分自身へのハードルを高くすること」が大切だと言う。
「ここはこのくらい弾ければいいわ」ではなく「どうしたらここは更に良く(綺麗に)弾けるようになるのか」と自問自答して行くことが大切なのだという。

この様に生徒さんに意識改革を持たせるのは時間が掛る事かもしれませんが、
教師としては常にこういう意識で生徒さんに向き合っていくことが必要だと思っております。


実は、来年もここでマスタークラスを開催したい、と先生から直々の申し出てがありました!
こんな光栄な事はありません。しかも、先生は次回は私の生徒さん優先(のみ)でマスタークラスをしたいとまで申しております。外国まで行かずに、日本に居たまま本物のレッスンが受けられるのですから!素晴らしい機会を与えていただき感謝しております。

次回のローゼンバウム先生マスタークラス@ピアノスタジオジャコメッティ第二回は、2016年の11月後半の予定です。

これに向けて、1年間掛けて仕上げて行きましょう。

〜〜〜〜

さて、マスタークラスの後は、ドイツからいらしている先生の友人達と合流して老舗フランス料理の『こけし屋』へ行ってきました。

先生から皆さんへCDがプレゼントされ、華やいでおります。
d0107660_0182419.jpg

この後、先生は翌朝アメリカ行きのフライトの為に、その日のうちに成田へと向かいました。

NYに戻ったら翌日からまたお仕事(レッスン)だそうですよ。時差ぼけもものともしないのは、さすがですね。



それではまた来年!



ホストは
福田薫でした。
[PR]
by karol1 | 2015-12-02 10:53 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30