こんばんは、キャロルです。

先日は、作曲家の先生をお呼びしてのワイン会をしましたよ。

桐朋学園の元学長の三善先生を偲んで、
夫くんが今回のワインを用意しました〜。

こちらです!
d0107660_2336205.jpg

こちらは、フランスのワイン勢揃いです。

左端は王道のシャンパン。
そして、その隣は【ロスピタレ】と言うワインです。
このワインは、エール・フランスのファーストクラスで出されるワインだそうです。夫くんのお気に入りです。

さて、今回の目玉ワインは、左から三番目のワインです。
【シャトー・ヌフ・ドゥ・パプ】

この、ゴージャスなボトルに入っているワインは、夫くんが尊敬する三善先生が機会があるごとに飲んでいたものなのだとか。

今回は、三善先生の愛弟子の先生方にお越し頂いたので、皆で先生の事を想いながら、ワインを楽しみましたよ。

フランスに留学されていた先生はワイン好きな方が多く、このワインを見て、すぐに【シャトー・ヌフ・ドゥ・パプ】だと当てていました!

今回は、2005年のワインで揃えてみたそうです。(ワインセレクトは夫くんの担当)


ところで、母校である桐朋学園は、大学部門が調布に出来た新校舎へ引っ越をします。いよいよ9月から、新しい校舎での授業開始となるそうで、職員教員の皆さんはその準備でたいへんそうです。

そんなお忙しい中、我が家へお越し頂きまして、ありがとうございました!


それにしても、作曲家達の集まりと言うことで、かなりマニアックな話題炸裂となりました。いろいろ面白い話が聞けて楽しかったです!


それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-28 23:15 | Comments(0)

軽井沢ランチまとめ

こんばんは、キャロルです。

軽井沢のランチをまとめてみました。

クレープのガレットに、カルボナーラのパスタ。そして、横川のおぎのや本店で購入した横川の釜飯です!
d0107660_2258574.jpg

芸術と美食と、美しい風景、それらが軽井沢の魅力かなと思います。

また行きたいなと思います。



それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-20 22:45 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

桐朋学園の学長であった三善晃先生のお墓参りに行ってきました。

軽井沢の静かな湖のほど近いところにあります。

その、先生が良く散歩されていたと言う湖は、外国人から「白鳥の湖」と呼ばれていたのだとか。
d0107660_15524745.jpg


先生のお墓は、先生の直筆の文字と、五線譜と、フェルマータ記号が表記されている、先生のオリジナル作品です。
d0107660_15524753.jpg


先生が安らかなお顔でそこにいらっしゃる感じがしました。

ところで、
来月には、三善先生の壮大なオペラ
『遠い帆』
が東京で上演されます!

オペラ『遠い帆』2014年公演
8月23日(土)、24日(日)
新国立劇場・中劇場
3:00PM開演
2:00PM開場

このイベントは、仙台市が主催をし、
慶長遣欧使節出帆400年を記念して、
上演される特別企画です。

仙台フィルの演奏が、今からとても楽しみです!


それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-19 16:00 | Comments(0)

こんばんは、キャロルです。

二日目は朝から美術館巡りをした後、
お昼はこちらへ行きました。

軽井沢タリアセン内にある、
旬菜パスタの店、レストランソネットです。
d0107660_22213674.jpg

紫陽花に包まれた、西洋風のカラフルな建物(明治四十四年館)の中にありますよ。
軽井沢で採れる季節の食材を使ったパスタはカルボナーラです。

同じパスタでも、こういう雰囲気の中で食べるのも素敵ですよね。

それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-16 22:10 | Comments(0)

こんばんは、

軽井沢現代美術館には、
細部にこだわりを感じます。

こちらは入り口/出口です。
そこに付いているのは、皆さんもお馴染みの非常口サイン。

ところが、ここ軽井沢現代美術館の非常口サインは、アーティストによる作品となっているのです。(写真下)
d0107660_21503357.jpg

そのデザインをモチーフにしたオリジナルのノートも、ここだけで買えるそうですよ。

なかなか、クリエティビティを刺激してくれるところです!


それではまた。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-15 21:41 | Comments(0)

軽井沢現代美術館へ

こんにちは、キャロルです。

翌日は、美術館巡りデーと題して、
朝から芸術巡りです。

セゾン現代美術館に行った後は、
こちらの美術館にやって来ました。

『軽井沢現代美術館』です。

こちらの美術館のオーナーである谷川さんご夫妻とも個人的に親しくさせて頂いている私達です。

そんな素敵な谷川さんの思いがぎっしり詰まったこの美術館は、とっても素敵な美術館なんですよ。

館内は、ゆったりしていて、とっても素敵な雰囲気で、いつまで居ても飽きません。
d0107660_12353796.jpg

館内は写真撮影もOKなのです。
そんな自由で開放的な雰囲気が、この美術館の魅力ですね。

そして、入館料にはドリンク券付き(クッキーもサービスで付いてきます!)

絵を鑑賞後には、楽しいお喋りでゆったり感を味わえるのも、この美術館の魅力です。


『軽井沢現代美術館』

開館時間 10:00-17:00
休館日 4月~11月の火曜日、水曜日
GW前後 及び 7月、8月、9月は無休
入館料 一般 1000円 (ドリンク券付き)

行き方: 軽井沢駅方面より国道18号線「南原」信号を右折後、すぐ左折、図書館先の小径を直進。山の頂上にあります。(南原信号より約200m)


スタッフの、田上さん、中澤さんも素敵でした。


軽井沢に来た際には、是非この美術館に行ってみてください。

裏山の離れ山も素敵です。


それではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-15 12:08 | Comments(0)

軽井沢でのランチ

こんばんは、キャロルです。

軽井沢はお洒落なお店がたくさんあります。

この日のランチは、
クレープ!

クレープと言っても、お菓子のクレープではなく、きちんと食事になっているクレープの事を、フランスではガレットと言います。

この日訪ねたお店はこちらです。

“信州産そば粉100%の
創作ガレットとデザートクレープのお店
『カシェット』”

お店の周りは、バラ園の様になっていてと〜っても素敵でした。

入り口はこんな感じです。
d0107660_23341329.jpg

小麦粉のクレープは一般的ですが、
そば粉100%のクレープが食べられる所はここだけなのだとか。

美味しいですよ!

場所は塩沢湖の近くのタリセアン横です。

ちなみに、パリで食べた味を思い出しました。ちょっぴり感動〜。また行きたいです。


それではまたね〜




キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-14 23:27 | Comments(0)

めがね橋

こんにちは、キャロルです。

軽井沢へ行く途中に、少しローカルな旅を楽しみました。

碓氷峠にある『めがね橋』です!
d0107660_17445713.jpg

碓氷峠の高低差が良く分かりますよね。

こんな高い所に橋を架けようと考えた昔の人は凄いですね。

この碓氷峠には、息を呑む様な素敵な湖もあり、(昨日投稿した写真がその碓氷湖です)、軽井沢へ行く時には足を伸ばしています。

この碓氷峠を通ると、短時間で大自然を味わうことが出来るのが魅力なんですよ。

私達は、この碓氷峠をもう一度味わいたくて、帰路は豪雨だったにもかかわらず碓氷峠バイパスを楽しみました。

軽井沢リポート、まだまだ続きます!


それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-14 17:17 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

軽井沢へ行って来ました

こんにちは、キャロルです。


週末には、軽井沢へ行って来たキャロルです。

都会を離れて、少しゆったりです。
d0107660_23153772.jpg

この写真をフェイスブックに載せた所、多くの反応を頂き、ある友人はこの写真がある絵に似ていると。

それは、
スーラの代表作、
『グランド・ジャット島の日曜日の午後』だそうです。
d0107660_2315387.jpg

ふふふ。

フランスと日本の違いはありますが、

確かに、湖と山の構図が似ていますね。


全国で猛暑日の土曜日でしたが、
来て良かったな、と思った瞬間でした。


続きはまたリポートします!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-13 23:03 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

「ザレファス・トリオの演奏会、本当に素晴らしかったです!」
そんな声を二週間経っても頂いております。

そんな中、演奏会のお写真が届きました。シャコンヌ様、ありがとうございました。
d0107660_12513072.jpg

演奏会の雰囲気が、皆さんにも写真から伝わると嬉しいです!


音楽を通じて、演奏を通じて、聴きに来てくださった方々一人一人の、心の奥深くにまで、
何かを届けることが出来た様な、
そんな感じを実感として持てた事は、
とても意味があることだと思っています。


また、新たな挑戦に向けて漕ぎ出したところです。


さて、次回は、どんなストーリーが待ち受けているでしょうか。


ワクワクしながら、待っていてくださいね!



それではまた。


ザレファストリオ・福田薫



キャロル
[PR]
by karol1 | 2014-07-10 12:50 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。