こんにちは、キャロルです。

早いもので11月も終わろうとしておりますが、皆さまお元気ですか。
今朝はNY時代の友人達が、様々な『サンクスギビング』の写真を投稿してくれていて、ほのぼのとした気分になりました。(アメリカ時間は木曜の夜。ちょうど感謝祭のディナーが終わった頃でしょうか)
どうやら、NYでは雪が舞い、ホワイト・サンクスギビングになった様です。

さて、キャロルのブログも、今月初めに別府への旅以降は、なんだか全てが
『ザレファストリオ』の演奏関連の事柄ばかりになっておりました。

今月は、様々な本番やレコーディングなどが重なり、
それに伴い、必然的にリハーサル回数も増え、
プラス、楽器を一緒に選びに行ったりもしていたので、
実に週のうち半分以上、いえ、ほぼ毎日の様に顔を合わせていた私達でした。

でもそんな中、キャロルの夫くんは、自分の数学の研究に精を出し、
毎日充実した日々を送っていた様です。
(夫くんは、そんな時はごきげんです)

さてさて、そんな私達ですが、好きな美術展にも足を運んできましたよ。
『ターナー展』です。
d0107660_11283461.jpg

ターナーはイギリスの巨匠ですが、
私は昨年、夫くんに連れられてBunkamuraにて『ターナーの水彩画展』を見に行ったのが初めてでした。
(美術にも詳しい夫くんは、ターナーはかなりお好きの様です)

そして、今回の東京都美術館での『ターナー展』は、ほんとうに素晴らしかったです。
これまでターナーの水彩画しか見たことがなかったキャロルでしたが、
今回は彼の油絵の素晴らしい作品をたくさん(これでもかという程)見ることが出来まして、
実にすばらしい巨匠である、ということを再認識いたしました。

+++

さて、これはどこで撮ったものかお分かりになりますか?
d0107660_11281494.jpg

ふむふむ、なんだか少し歪んでいる様な気がしますよね。

???

正解は、
そう、この美術館の入り口広場にある、
このボールに映った私達でした。
↓↓↓
d0107660_11283059.jpg

結婚してから、もうすぐ2回目のクリスマスを迎える私達ですが、
ほんとうに仲が良いのですよ。

この日は秋晴れの良いお天気でしたので、
デパートの屋上でワイン?を楽しみました。
d0107660_1129082.jpg

と同時に、夫くんは、少々高価なワインをまたまた購入。
こちらも夫くんの趣味でございます。
キャロルはもっぱらおこぼれをもらう担当ですが、
ワインの楽しみも結婚してから更に広がりました。


このブログを見てほのぼのとした気分になってくれるといいな☆



それではまたね。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-29 11:57 | 美術館・展覧会 | Comments(1)

こんにちは、キャロルです。

今日、11月の第4木曜日は、アメリカは『サンクスギビング』という感謝祭の祝日です。

民族、宗教に関係なく、どこの家庭もターキー(七面鳥)をまるごと焼いて食卓を囲みます。
マッシュポテト、グレービーソース、クランベリーソース、
そしてスタッフィングをサイドに置いて、
デザートはアップルパイとパンプキンパイというのが
アメリカの伝統的なサンクスギビングのメニュです。

そんな事を想いながら、
こちら日本でも、
収穫感謝の特別礼拝にて演奏して参りました。
d0107660_12143793.jpg

教会の祭壇には、地元で採れた様々な旬なお野菜が並べられています。
まさに収穫感謝祭ですね。
d0107660_12142391.jpg

秋の実りに感謝しつつ、
この感謝祭後は、、
クリスマスシーズンへと入ります。

そんな訳で、週明けより1か月間は、街中がクリスマスのイルミネーションで染まりますよ。
それはそれは綺麗です。

我が家でも、今夜はチキンを用意してみようかしら?
(あ、日本ではチキンを焼くのはクリスマスですね!)


そんな訳で、この日は街中にこんな言葉が溢れます。
『HappyThanksgiving!』(良い感謝祭を!)d0107660_12243866.jpg




神々の恵みに感謝をして。


それではまた。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-28 12:38 | ザレファストリオ | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨日は、おざく台キリスト教会にて、ちょっと早めのクリスマスコンサートがありました。

プログラムは、
コレルリのクリスマス協奏曲(トリオ版)、
ベートーヴェンのピアノ三重奏曲『大公』全曲、
そしてメンデルスゾーンのトリオより二楽章、
そして最後には『きよしこの夜』(トリオバージョン)

ちょっぴり早いクリスマス気分で締めくくりました。

会場には、キャロルの夫くんの大先輩のお友達さんもいらしてくださいました!
ベートーヴェンの『大公』は、学生時代にLPの針が擦り切れる程聴いていたそうです。
そんな方に私達のベートーヴェンを聴いていただけて、気持が引き締まる思いでした。

私達、今回のテーマは『ゴールド』で衣装を合わせてみました☆
d0107660_17485328.jpg
今年も残りわずかになりましたね。


それではまた!


キャロル





[PR]
by karol1 | 2013-11-25 17:54 | ザレファストリオ | Comments(0)

今週の日曜日です!

こんにちは、キャロルです。

私達ザレファストリオですが、最近、かなりアクティブに活動しています。

昨日、レコーディングも終わったばかりですが、
今週日曜日には、また別のコンサートがあります。

11月24日16:00pmより
おざく台キリスト教会にて
入場無料のコンサートです。
d0107660_22152351.jpg

演奏曲目は、
コレルリのクリスマス協奏曲、
ベートーヴェンのピアノ三重奏曲『大公』
他、メンデルスゾーンを予定しております。


皆様にお会い出来ることを、楽しみにしています。



それではまた。



福田薫(ピアノ) 
[PR]
by karol1 | 2013-11-21 22:17 | ザレファストリオ | Comments(0)

レコーディング終了!

こんにちは、キャロルです。

今日は、ザレファストリオのメンバーで
レコーディング&撮影会をしてきました。

『ザレファストリオ・第一回杉並定期演奏会』のライブ・レコーディングをCDにしよう、
という話が持ち上がっており、今回はその中に入れるボーナストラックの録音をしました。

小品とは言え、レコーディングはやはり神経を使いますね。

ヘアーとメイクアップをしてもらって、ご機嫌のサラちゃんとキャロル達です。
d0107660_14494279.jpg

実際にCDが出来上がるのが楽しみです。

どんな感じになるのかな?


それではまた!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-20 14:56 | ザレファストリオ | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨日は『ベートーヴェンとジャコメッティの夕べ』での演奏会がありました。

プログラムメイン曲は
ベートーヴェンのピアノトリオ『大公』です。
d0107660_1457583.jpg

この度、チェロが新しくなって、初お披露目となりました。
チェロがバージョンアップして、益々やる気になっている私達です。

+++

『ピアノスタジオ・ジャコメッティ』について。

20世紀を代表する画家ジャコメッティのリトグラフ《終わりなきパリ》には、ジャコメッティが感じ取った、鋭くも温かい空気が流れる1960年代のパリ風景が描写されています。

今年阿佐ヶ谷にオープンしたピアノスタジオ・ジャコメッティは、《終わりなきパリ》を全点所蔵し展示する、ミニ・コンサートホールです。

この度、ホールのオープニング記念として、室内楽演奏会を企画いたしました。見えるものを見えるとおりに描くという「終わりなき冒険」を続けたジャコメッティに思いを馳せながら、若い演奏家が聞き取ろうとしているベートーヴェンの声に耳を傾けて頂ければ幸いです。    


+++

『ベートーヴェンとジャコメッティの夕べ』終演後。
d0107660_158816.jpg

皆様、ありがとうございました!

とっても楽しかったです!!!!!


そして、私達ザレファストリオを応援してくださり、ありがとうございます!!


これからも前進あるのみ。

次回を楽しみにしております!



キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-18 15:13 | ザレファストリオ | Comments(0)

学校での演奏会

こんにちは、キャロルです。

先週になりますが、学校で演奏会をしてきました。

生徒達だけでなく、父母にも公開してのコンサートでしたので、
大人も子供も楽しめるコンサートになったようです。

演奏終了後、お母様達と一緒に。
d0107660_1452464.jpg

こうやって、お母様達との交流も楽しい時間です。

それではまた。

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-18 14:54 | ザレファストリオ | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨日は、インターナショナルスクールで公演してきました。
d0107660_2251680.jpg

国際色豊かな、インターナショナルスクール。
生徒達は積極的で、とてもアクティブです。

質問や、リクエストもたくさん出てきて、とっても楽しい会になりました。

こちらでも、
「また来てね!」
とリクエストされましたよ。

子共達は、こういった出張コンサートが大好きな様ですね。


それではまた!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-14 22:12 | 子供達編 | Comments(0)

幼稚園でのコンサート!

こんにちは、キャロルです。

11月といえば秋本番。
朝晩の風も冷たくなってきましたね。
皆さん、風邪などひいていませんか?

秋といえば、芸術の秋、ということで、
今月はコンサートが続きます。

昨日は、幼稚園でのコンサートで演奏してきましたよ。
d0107660_018268.jpg

園児達は、とてもお行儀良く、
約1時間のプログラムを、
それはそれは真剣に、
聴いていましたよ。

とってもお利口さんの園児達です。

終わってから、
「また来てねー!」と、
たくさんお願いされましたよ。

こんなに可愛い園児達に囲まれて、
とっても温かい気持ちになった日でした。


それではまたね。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-13 23:22 | 子供達編 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨年3月に日本に帰国するまで、オペラカンパニーにてピアニストをしていたキャロル。

その古巣である『レジーナ・オペラカンパニー』にて、
モーツアルトの『フィガロの結婚』が上演されることになりました。
d0107660_12203843.jpg

こちらが、劇場でのステージリハーサルの風景。(NYの友人より写真を拝借)
d0107660_1224107.jpg

全てが懐かしいです!

+++

でも、オペラってオーケストラはいるけれど、ピアノはいったいどこにあるの?

という疑問がありますよね。

そう、「オペラ・ピアニストっていったい何をするの?」という疑問。

そんな疑問にお答えしましょう。

でも、その前に、
オペラってどんな風に作り上げられていくか、を説明させてください。

オペラは、創り上げていくのにかなり時間を要します。
それは総合芸術だからです。

まずは、歌手が自分のパートを完成させることから始まります。

それから、ステージリハーサルに入り、舞台稽古に入ります。

それから衣装やメイク、照明さんも加わり、

最後にオーケストラとの全体練習をして本番となります。

+++

ピアニストは、その、『最後のオーケストラとの全体練習』の前まで、
〈ずっとオーケストラパートを一人で担当すること〉
これが『オペラ・ピアニストの仕事』です。

+++

まずは、歌手が自分のパートを練習する際も、ピアノ伴奏が必要です。

その前に、キャストを決める為の、カンパニーのオーディションがあるのですが、
その際も、もちろんピアニストが伴奏をします。
(だいたいオーディションも長時間を要し、一つのキャストだけで3時間程掛かります)

そしてキャストが決まってから、大体2~3ヶ月掛けて、
舞台稽古(ステージ・リハーサル)となる訳ですが、
その際には、指揮者の振る棒に合わせて、全ての伴奏をします。
この時のリハーサルの時間というのは、通常で3時間から5時間。

本番前になってくると、衣装やメイク、そして照明さんも一緒になっての稽古となり、
時間は8時間強にも渡る稽古となります。

そんな稽古を、同じメンバーで3ヶ月もやっていくと、連帯感が生まれ、
そして、素晴らしいプロダクションとなっていく訳なのです。

+++

オペラって、ほんとうに様々な人々が関わって創り上げていく、
まさに『総合芸術』なのですよね。


日本では、まだまだ『オペラ』というと敷居が高く、そして値段も高い、と来ていますが、
「オペラってこんな風に創り上げていくのだなあ」という感じだけでも
感じて頂けただけでも嬉しいです。


それではまた!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-11-07 12:46 | オペラ編 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。