善福寺川の桜

こんにちは、キャロルです。

最近は寒暖の差が大きいですね。

先週末になりますが、善福寺川沿いの桜を見に行ってきましたよ。

桜にコメントはあえて入れません。連続写真でお送りします。
d0107660_2303463.jpg

d0107660_2304250.jpg

この善福寺川沿いの桜を見ようと、たくさんの人が来ていましたよ。
d0107660_2305033.jpg

それにしても、川辺の桜は絵になりますね。
d0107660_230561.jpg

d0107660_230597.jpg

最後に、川辺にはこんな銅像もありましたよ。
d0107660_23145.jpg

朝の2時間のウォーキングで、
すっかり桜を満喫したキャロルでした。

それではまたね。

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-28 23:06 | 東京での暮らし | Comments(0)

こんばんは、キャロルです。

今週は、日産の電気自動車【リーフ】のモニター
を体験してきましたよ。
d0107660_234365.jpg

車体も大きくて、美しいフォルムです。
d0107660_2341170.jpg

中ももちろんピカピカの新品です。
d0107660_2341432.jpg

我が家の車庫にもすっぽりと入りました。
d0107660_2341774.jpg

それにしても、排気ガスゼロ、アイドリングゼロで、
加速もパワフル!

想像以上の静かさで、走り出す時には飛行機がゆっくりと空港内を走る様な
静かな電気モーター音が心地よいです。

電気自動車を運転出来る、という貴重な経験をすることが出来、
とっても満足しました。

将来の車選び(アップグレード)に参考にしたいと思っています。

それではまたね。

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-27 23:15 | 東京での暮らし | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

今月訪れたNYは、真冬の寒さは無くなっていたものの、
まだ気温は雪がちらつく程の寒さでしたよ。

それでもニューヨーカーは元気いっぱいです。

下の写真は、コンチェルトの本番の翌日、
タイムワーナービルのロビーにて、
友人が撮ってくれたものです。
d0107660_11383173.jpg


大きな本番が終わって、ようやく一日だけフリーな日があったので、
友人達と会ったりして、二人でニューヨークの街を楽しみましたよ。

翌日の最終日は、フライトが夜便でしたので、その前に最後の晩餐です。

高級ステーキハウス【Del Frisco's Grille-New York】へ行ってきましたよ。
d0107660_11433510.jpg

ここのステーキ【フィレ・ミニョン】の軟らかさが忘れられず、
今回も、またここに行こうね!と夫くんと楽しみにしていたのです。

お食事が終わり、デザートを前に満足げな夫くん。
d0107660_11474756.jpg

そして、こちらがニューヨーク・チーズケーキです。
巨大です!(笑)
d0107660_11484247.jpg

そんな訳で、
急ぎ足のNY滞在は、これにて終了。

帰りはあっという間に東京に戻ってきましたよ。
それにしても、NYとはほんとうに別世界ですね~

なんだかこんなにあっという間に戻ってきてしまうのですから、
いきなりどこでもドアーでタイムスリップした様な気分です。

夫くん曰く、キャロルは向こうでは
『完全にアメリカ人になっていた』そうです。

反対に、普段から控えめの夫くんは、向こうではさらに静かに。。
感じました。

それでも、キャロルの世界をすっかり共有して、
すっかり満足した夫くんでしたよ。


それではまたね。

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-26 12:00 | New Yorkの街より | Comments(0)

結婚一周年でした!

こんにちは、キャロルです。

3月25日はキャロル達の結婚一周年を迎えました!

昨夜は渋谷にあるワインバー繭でお祝いです。

夫くんのセレクトは、【シャトー・マルゴーの1997年】です!
d0107660_1305759.jpg

ワインというのは、同じ銘柄でも、年によって味が異なり、
ソムリエにも『この1997年という年には、何か思い入れがあるのですか?』
と聞かれましたよ。

1997年という年は、キャロルが大学を卒業してNYに渡った年でした。
実は夫くんも、偶然にもその年にアメリカはメリーランド州に渡っていたのです。

夫くん自身も、1年間アメリカ暮らしを経験していたからこそ、
キャロルとの感覚も合うのかなあ、と思いますね。

そんな訳で、昨日は二人でそんな1997年の思い出に浸りました。

ところで、こんな高級なワインは、
デカンタ(ガラスの容器)に入れて、味に空気を含ませますよ。
そうすると、味が円やかになるのです。
d0107660_131784.jpg

フレンチのコース料理で出される一品一品が、
実に絶妙で感動のお味でした!

まずは、
①お通しのスパークリングワイン(シャンパン)と
②アミューズ(小前菜)。

そして、
③アントレ(前菜)のプレートがこちら。
d0107660_131383.jpg

次は
④スープと
⑤ポワゾン(魚料理)です。
d0107660_1312195.jpg

それから、
⑥グラニテと呼ばれるリキュールの氷菓子の後に、
⑦メインのお肉は赤ワイン煮込みとフォアグラでした。
どちらもとっても軟らかくて最高!
d0107660_1312487.jpg

お食事の後は、
⑧フロマージュ(チーズの盛り合わせ)。
ワインが更に進みますね。
d0107660_1313017.jpg

そして、最後に
⑨デセール(デザート)のプレートです。
3種類あるデザートは、ティラミスもチョコレートケーキと黒コショウ入りのアイスクリームもフルーツタルトも、全て絶妙なお味でございました!
d0107660_1312014.jpg

最後はアールグレーの紅茶で、9品のコースが終了です。
実にゆったりとした3時間でしたよ。

+++

ここのお店は、
キャロル達が最初のデートで来店したお店だったのですよ!

それから、婚約した時にも二人で来店した時には、
その日はちょうどキャロルの誕生日でもあったので、
シャトー一級ワインの【ムートン】を二人で堪能したことも
感慨深いです。

そんなふたりの1年間を振り返りながら、
やっぱり結婚って良いな♪
と思ったのでした。


それではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-25 13:36 | 記念日 | Comments(0)

上野公園は満開の桜です

こんにちは、キャロルです。

日本はすっかり春まっさかりですね。

そんな今日は、朝から上野の東京都美術館で行われている【エル・グレコ展】に行ってきましたよ。

展覧会終了後は、上野公園でお花見です!

見てください、この満開の桜並木を!
綺麗ですよね~
d0107660_1824695.jpg

キャロルにとっては、日本で初めてのお花見です。
テンションも上がります!

今日は日差しがすっかり眩しくて、お日様の下では暑い程でしたよ。
d0107660_1825633.jpg

ご一緒した夫くんの恩師の奥様も、
このタイミングでの満開の桜に、
キャロルとこの笑顔です!
(夫くんには、二人で外人みたいと言われました)
d0107660_183561.jpg

それにしても、日本の桜は良いですね。

今年の桜は咲くのも早いが、散るのも早そうな気配。

この限られた季節を楽しもうと思います!

ではまたね

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-22 18:25 | 東京での暮らし | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨日の春分の日は、キャロル達の
初入籍記念日でしたよ。

タイミング良く、トリオの演奏があり、
パーティー会場でしたので、夫くんも一緒しましたよ。
場所は、東京タワーズです。
d0107660_11101416.jpg

そこの49階のパーティールームは、まるで空の中にいるようでした。
d0107660_1110185.jpg

夜には、東京タワーのライトアップがゴージャスな気分を盛り上げてくれます。
d0107660_11102580.jpg

演奏が終了した後の、ザレファストリオです。
d0107660_11103416.jpg

パーティー会場でも、静かに自分の場所を確保している夫くんですよ。
d0107660_11101861.jpg

まだ、ようやく結婚して1年経ったキャロル達ですが、
一緒に過ごした時間は、他の誰にも負けていないと思うわ。

そのくらい、いつも仲がとっても良くっていつも一緒のふたりなんです。
二人で一組といった感じなんですね。

それではこれからもどうぞよろしくね!

キャロル(&夫くん)
[PR]
by karol1 | 2013-03-21 11:18 | 記念日 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

NYはキャロル達が発った翌日に、再び雪が降ったと聞きますが、
日本はほんとうに暖かいですね!

早くも桜が咲き始めていて、おもわず笑顔になりますね。

さて、NYの公演にはキャロルの旧友達もたくさん来ていただけて、
久しぶりの再会を楽しみましたよ。

それぞれ、キャロルの当時の語学学校時代の友人、
そしてニューヨーク大学院時代の友人、
その後のコロンビア大学仲間の友人、
それから旧職場のコンサバトリー時代の友人、
そしてこちらも旧職場のオペラカンパニー時代の友人達と、
友人達を見ると、キャロルのNYでの歩みがそのまま手に取るようでした。

そんな友人が送ってきてくれたお写真がこちらです。

d0107660_9194620.jpg
d0107660_920918.jpg

実に、何年振りかの再会、嬉しかったです!


それではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-21 09:33 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

こちらがキャロルが今回、ベートーヴェンの協奏曲を演奏した会場です。

マンハッタンの中心、ミッドタウンのオフィス街のど真ん中、
レキシントンアヴェニューと54丁目にある、
【セント・ピーターズ教会】です。

写真から伝わるかどうかは分かりませんが、皆さんの声援と割れんばかりの拍手が
鳴り止まず、カーテンコールが何度も続いたのです。
ほんとうに感激でした。
d0107660_18144513.jpg

そのカーテンコールで皆さんに挨拶をする、キャロルです。
d0107660_18145637.jpg

そして、終了直後に、なんとあのキャニン教授が
『素晴らしい演奏だったよ』と声を掛けてくださいましたよ!!!

80歳を越えた巨匠であるキャニン教授に、こうして直々に演奏を生で聴いていただけて、
この様な温かいお言葉をいただけるとは、
ただただ感激です。
d0107660_18113995.jpg

指揮者のマエストロ・グズマンとは、3年前にモーツアルトの協奏曲で共演したのが、
私のNYデビューでした。

そして今回が2回目の共演である彼の指揮は、ほんとうに素晴らしく、
私自身が、こころから信頼して演奏することが出来、
それが今回の成功に繋がったことと感謝しています。
d0107660_1811316.jpg

オーケストラの方々も、皆さん私の前回のデビューの事を覚えていてくださって、
ほんとうに温かく、迎えてくださったのです。

ありがたいことですね。


こうやって、キャロルはたくさんの人に支えていただいております。


そしてこれまで支えてくださった皆さんに感謝します。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-17 18:38 | コンチェルトのこと | Comments(0)

無事に東京に戻ってきました、キャロルです。

コンチェルトの演奏会には、キャロルの元恩師である
キャニン教授も会場にきてくださり、
温かいエールを送ってくださっていました。

演奏後、指揮者のグズマン氏とキャニン先生が
しっかりと握手を交わしている光景を見て
ほんとうに嬉しい気持ちになりました。
d0107660_253253.jpg

演奏後、実に3人のマエストロ(指揮者や巨匠のこと)達に
祝福していただきましたよ。
d0107660_2534457.jpg

このマエストロ達に、真の評価を頂けて、キャロルはほんとうに嬉しく思っております。

実は、なんとも嬉しい事に、
今回のコンチェルトの成功後、
まだ数日も経っていないにも関わらず、
次回のコンチェルト共演の依頼が入ったのです!!!

次回は
ショパンのピアノ協奏曲を共演することに
なりそうです。


更に楽しみになってきました!!!!


それではまた!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-17 03:09 | コンチェルトのこと | Comments(0)

こんばんは、NYよりキャロルです!!!

本日のコンチェルトの本番は、
ほんとうに、ほんとうに
素晴らしいコンサートになりました!!!
会場に聴きに来てくださったたくさんの友人にお礼を申し上げます。

今回は何よりも、自分自身が最高の精神状態で望めたのが、
この成功に繋がったのだと思います。

滅多なことでは褒めないキャニン先生からも
今日はお褒めの言葉を頂きましたよ!!
これまでで最高の演奏だったねと。
なにより、先生がこれだけ満足してくださった、
という事実、それが衝撃的であり、
それが何よりも更なる自信に繋がっていくかな、
と思います。

コンチェルトの本番を重ねる毎に、
自分自身が成長していくのが手に取るように分かります。
そして、そういう自分が見れるのが、とっても嬉しいのです。

キャロルはこうやって皆さんに見守られて、
お陰さまでスクスクと成長しております。

ほんとうにありがとうございます!!!

また、これから
どんな風に成長していくのか、
これからのキャロルが楽しみになってきました。

NYで、こんなにもキャロルの演奏を待ってくれている人がいるのが、
ほんとうに嬉しいです。

またこうやってNYに戻って来れると良いなと思っています。


こんなに満員の会場で、(今日は立ち見まで出ていた)
マンハッタンのど真ん中という素晴らしいホールで、
オーケストラと一緒に共演出来る、
という幸せを、
神に感謝すると共に、
この幸せを皆さんと共有できた喜びで
いっぱいです。

ありがとうございました!


そして、なによりも素晴らしい指揮をしてくださった、
マエストロ・グズマン氏に
お礼を申し上げたいと思います。


今日は、久しぶりにゆっくりと休みたいと思います。
そして、明日は少しベートーベンから離れて、
NYの街を楽しみたいと思います!

それではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-03-14 14:52 | コンチェルトのこと | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。