こんにちは、キャロルです。

タイトルどおり、
人生初の人間ドックを受けて参りました。

なぜ人生初かというと、
アメリカには人間ドックという単語すら存在しないからです。

夫くんは毎年受けているそうで慣れたものという感じでしたが、
キャロルは恐々夫くんと一緒に受けて参りましたよ。

病気の早期発見の為とは言いますが、
感想からいくと、私は毎年は無理かも。。

身体中の穴という穴からいろいろと入れられるし、
おっぱいは伸ばされそして潰されるし、
目には風やら光やらを当てられるし、
もう序盤からふらふらです。

夫くんと一緒だったお陰でなんと心強かったことでしょうか。
やはり持つべきものは夫くんです。

でも、これで自分の身体が健康だということを確認できたことは
良かったかな。

それにしても胃カメラキツカッタ・・・

体内に異物を入れるというのは、
なるべくしたくないものですね。。

本当の病気になったら、もっと凄い治療が待っているのでしょうから、
やはり病気にはなりたくないものです。

病も気から、という様にストレスが原因で起こることが多いと聞きますから、
なるべくストレスを溜めない様に、日々を過ごすのが一番ですね。

+++

そうそう、実は、今日は夫くんの誕生日なんですよ!069.gif

夜はどんなワインでお祝いするのかな?
(ワインのセレクトは夫くんなので)

人間ドック前後はお酒を控えていたので、
今夜は久しぶりのワインとなりそうで、
今から楽しみです。


ではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-02-23 18:04 | 普通の日記 | Comments(0)

小旅行で房総半島へ

こんにちは、キャロルです。

寒い日が続いておりますが、小旅行に行って参りましたよ。

東京エリアから1泊で行けて、そしてちょこっと春が見られる場所、
ということで、行き先は房総半島です。

まずは東京湾の真ん中にあるオアシス、
『海ほたる』。

ここはまさしく海の上なんですよ。
d0107660_19264962.jpg

さすがに360度海に囲まれていると、風が冷たくて寒い!
でも人口の亀さんなんかもいましたよ。(笑)
d0107660_19281250.jpg

これが展望台からの眺めです。

こちらは千葉側にかかる『アクアブリッジ』で、
東京側は『アクアトンネル』です。
橋とトンネルの両方を海に作ってしまおうというのですから、
まさに大プロジェクトですよね。
d0107660_19281962.jpg

そして、この橋を越えると、もう千葉県です。

房総半島の最南端を目指す途中に、
『鋸山(のこぎり山)』に立ち寄ってみました。

高い山を山頂まで登ると、
大きな磨崖仏(まがいぶつ)【百尺観音】が出現しましたよ。
d0107660_1928377.jpg

千葉県にこんなに巨大な石仏があるとは驚きでした。

ほかにも、この鋸山(のこぎり山)には、
『大仏さま』がいるのですよ。

『日本寺大仏』です。

これは日本で最大の石仏だそうです。
すごいですね。
d0107660_19285292.jpg

それにしても、東京湾の反対側の千葉県には、
こんなに大自然が残っているのですね。

他にも、さらに南下していくと、フラワーパークや植物園などがたくさん出現します。

都心よりも一足早く、春が到来している様で、カラフルでした。

普通の道路沿いに、こんなやしの木がずらりと並んでいたりするのを見ると、
一瞬「ここは南国?」と勘違いしてしまいそう。
d0107660_1929270.jpg

それにしても、やしの木を見ると、
ひとりでテンションが上がってしまう
キャロルでした。

+++

翌日は、あいにくの雨でしたが、
ひとつだけ見ておきたい場所がありました。

日本を代表する画家
『青木繁(しげる)』の記念碑です。
d0107660_19292296.jpg

代表作『海の幸』を描く為に住んだとされる
房総半島の南の端は、
漁業が盛んで、とても静かなところでしたよ。

+++

一泊でしたが、ゆったり出来ました!


さて、次の旅行はいよいよNYです!


それではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-02-21 20:14 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

先日、ピアノスタジオ・ジャコメッティ第二回のコンサートを開催しました。

今回は、来月にNY公演を控えるベートーベンのピアノ協奏曲第一番を
オーケストラパートも自演で演奏いたしましたよ。

『弾き振り』ならぬ一人二役というのは
初めての試みでしたが、
演奏していてたいへん楽しかったです。

今回は、数学の名誉教授の先生方や奥様達にも聴きにきて頂きまして、
華やかな会となりました。
d0107660_1173998.jpg

終了後は、ワイン会です♪

キャロルが尊敬する数学界の素晴らしい先生方とこうして楽しい会が持てたことを、
たいへん嬉しく思っております。
d0107660_1175210.jpg

本日開けたシャンパン+ワインは全部で6本でした。
d0107660_1175833.jpg

先生方はお酒にお強く、
それはそれは楽しくて、
普段では滅多に聞けない面白い、知的なお話を
たっぷりと堪能させていただきました。

こんなに笑ったのは久しぶりでしょうか。

NYでも音楽の世界で偉大な先生達との会でご一緒することがたまにありまして、
その時も強烈な刺激を頂いたものですが、
今回もまた勝るとも劣らない刺激を頂きました。

やはり立派な先生というのは、
話を聴いていてたいへん面白いものです。

足立先生、三宅先生、ありがとうございました。

6月に出版される本を楽しみにしております。

+++

さて、キャロルの方は、3月のNY公演に向けて、
ベートーヴェンに更に磨きを掛けて精進したいと思っています。

数学の世界も同じでしょうが、音楽の世界も、
これで終わり、というものが無い世界。

本番の演奏はその時点で自分の最高のものを出せても、
また次回はまたより良いものを求めていかなければならない。
そういう世界ですので、
つねに満足してそれに浸っていては、自分を高めることは出来ません。

数学も、考えている時間の方が長い
と聞きます。
ですので、普段のピアノの鍵盤上の練習から少しだけ離れて
考える時間を作って見るのも良いかな、
と思っています。


『考えること』って重要ですよね。


それではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-02-19 12:01 | キャロル邸より | Comments(0)

ヴァレンタインのワイン

こんにちは、キャロルです。

先日、夫くんがヴァレンタインの為のワインを買ってきてくれましたよ。
d0107660_13343859.jpg

このワイン、
ハートのラベルが、なんと陶器で出来ているのです。
d0107660_1338556.jpg
なんとも可愛いですよね。

さすがイタリア人が考えることだなー。
(これはイタリアのワインです)

早速、チーズとクラッカーで頂いてみました。
d0107660_13395594.jpg

そんな訳で、
我が家は一足早く
ヴァレンタインの気分です。053.gif

+++
++++

そうそう、ヴァレンタインってアメリカから来た習慣ですが、
日本とアメリカでは異なるのってご存知ですか?

日本は、チョコを好きな人(または義理チョコ)に渡す日ですよね。
しかも女性→男性に。

でもアメリカは違うんです!!!

なんと、
男性→女性
に贈るのが一般的なんですよ。

しかも、チョコではなく、薔薇などのお花を贈ることが多いかな。
もちろん、カードも添えてね。

そして夜は、二人でヴァレンタインのディナーをして、
ロマンチックな時間を楽しむ。

いわゆる『恋人や家族(夫婦)と一緒に過ごす日』、
そんな日がヴァレンタインデーなんですよ。

+++

こんな風に、西洋から来た習慣なのに、
日本ではずいぶんと意味合いが変わってきているヴァレンタインデーですよね。

これは、日本のチョコレート産業がデパートと一緒に大々的にキャンペーンを行ったことによって、日本独自の『ヴァレンタイン』の習慣が浸透してきたようですよ。

+++

皆さまの今年のヴァレンタインは、どんな感じですか?


今年は、『恋人や家族と過ごす日』のヴァレンタインにしてみても、新鮮で良いかもしれませんね~


ではまた。


キャロル





053.gif
[PR]
by karol1 | 2013-02-12 14:09 | トリビア編 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

毎晩ワインで晩酌を楽しんでいるキャロル達ですが、
本日はお祝いということで、
超高級ワインを開けてもらいましたよ。

シャトー・マルゴーの2004年です。
d0107660_2372051.jpg
フランス、ボルドーのワインをこよなく愛する夫。

ボルドーの良いワインには
格付けというものが存在するのをご存知ですか?

ほんとうに良い物だけに格付けをし、
5級から始まり、
超高級ワインは
1級の称号が与えられています。

ボルドーだけでおよそ4000種類あるなかで、
(人に寄っては8000種という人もいるとか)
格付け(1級~5級)が与えられているワインは、
60種類ほどしかなく、
そのワイン達は、歴史と伝統の味を守っているのです。

その中でも、【1級シャトー】の称号が与えられているのは
そのボルドーのおよそ4000種の中で、
たったの5種類のワインのみ。

【ボルドーの5大シャトー】と呼ばれています。

その一級シャトーワインが、
上の写真のワイン:
【シャトー・マルゴー】だったのです!!!

もちろん、お値段もびっくりの!!!!こんな感じ。
(夫のコレクションです)←我が家の大蔵省

+++++

この【シャトー・マルゴー】は、
ボルドー5大シャトーの中で最も女性的と言われていて、華やかな香り、口当たりの滑らかさ、しっかりとしたボディと繊細さを備えた味わいから”ボルドーの宝石”と讃えられるとてもエレガントなワインだそうです。

文豪ヘミングレイはこのワインをこよなく愛し、孫娘には【マルゴー】(マーゴ)と名づけたそうです。

また、日本映画『失楽園』の最後のシーンで自殺に使われたワインとしても有名になったそうです。そのヒロイン役の川島なお美さんもワイン好きで有名のようですね。


☆最後に、ちょこっと豆知識☆


【ボルドー1級シャトー】の5本のワインの名前はご存知ですか?

★シャトー・ムートン
★シャトー・ラフィット
★シャトー・ラトゥール
★シャトー・マルゴー
★シャトー・オー・ブリオン

こちらの五つの名前を知っておくと、いつかは知識が役立つ時が来るかも?!


キャロル自身は、
夫くんと出会った時の、お誕生日のお祝いでムートンを頂いたのが
【ボルドー1級シャトー】デビューでした。

そして今回が、人生で2つ目の
【ボルドー1級シャトー】でした。

やはり、高級なワインというのは、実に複雑な味わいで、
それはそれは繊細で奥が深いです。
そしていて、力強く、個の主張があるのです。

なんだか芸術や音楽の分野でも同じことが言えるかな、
などとふと思ってしまいました。


それではまた!

キャロル
[PR]
by karol1 | 2013-02-07 23:43 | トリビア編 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28