町のお蕎麦屋さん

先日、お蕎麦の好きな夫と、
立ち寄ったお店がこちらです。
d0107660_1826425.jpg

荻窪の住宅地の中に、ひっそりとたたずむ民家。

これが『松乃家』です。

キャロルの食べた天ぷら蕎麦。
d0107660_18275738.jpg

こちらがおろし蕎麦です。
d0107660_18281188.jpg

こういうコマーシャルっぽくないお蕎麦屋さんって、
食べていて、気持ちがとっても落ち着きますよね。

表通りに面していないし、駅から遠いし、駐車場は無いしで、不便なのですが、
また行きたいお店がひとつ増えました。

ではまた。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-31 18:32 | グルメ | Comments(0)

高崎に行ってきました

こんにちは、キャロルです。

この週末は、群馬県の高崎に行ってきましたよ。

コンサート会場の前にあった、コントラバスの形の電話ボックス。
d0107660_2313099.jpg

群馬交響楽団、定期演奏会に行ってきました。
d0107660_2323421.jpg

高崎音楽祭。後ろに見えるのが高崎市役所です。
d0107660_233284.jpg

いよいよ開演です。
d0107660_2331775.jpg

満員の聴衆が演奏後、温かい拍手を送っていました。
d0107660_2333863.jpg

群馬交響楽団、実に良い演奏をしてくれました。
d0107660_2335389.jpg

東京から高崎までは、新幹線で50分。
私達は車で1時間半で行けました。

意外と近いのですね。

行楽の秋、ちょっとした息抜きが出来たかな。


ではまたね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-29 23:17 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

ワイン好きの夫くんのお陰で、我が家には立派なワインセラーが4台も完備。
計700本のワインが出番を待つべく、貯蔵されている、といった具合。
(セラーの温度は摂氏11℃~12℃に常時保たれています)
d0107660_10395465.jpg

そのワインを、毎晩の晩酌で少しづつ飲むのが我が家の日課であります。

夫の好きなワインはフランスのボルドーワイン達。
しっかりとしたボディーなので、お食事にも合いますし、
しっかりとしたお味のチーズとも相性が良いです。

ワインはこれだけ種類があるので、毎回異なる銘柄が選べる訳ですが、
チーズはいつも好きな種類にマンネリ化しがちだった我が家。

それで、フランス直輸入の最高級チーズというものをお届けしてくれる
オーダーチーズを最近始めてみました。

ちなみにこちらが今月のお届けチーズ3種です。
(特に左側のスプーンですくって食べるタイプのチーズは絶妙のお味でした)
d0107660_10433815.jpg

こちらが先月9月のお届けチーズ3種。
(真ん中のナッツとドライフルーツが入っているチーズが美味でした)
d0107660_10434828.jpg

そしてこちらが8月のお届けチーズ3種。
(右側のチーズは、とろっとろで、うっとりのお味でした)
d0107660_10435756.jpg

どの月も、それぞれ絶妙なお味で、これまで食べた事の無い味に出会えたり、
とにかく毎回が発見の連続です。
そんな訳で、
なかなか嬉しい思いをもらえる、オーダーチーズなのです。

・・・・・

こういう贅沢な時間というのは
とかく忙しい現代生活において不必要とされがちだったり、
なんとなく持たずに過ぎてしまったりしますが、
やはり、『幸福なひととき』というのは、
人間の心と身体の潤滑油なのではないでしょうか。


私は独身で居た時は、ずっとNYに居たので、とにかく忙しく日々を送っていた様で、
もちろんこんな余裕は持てませんでした。

でも、こういうゆとりを持つ事が、
自分の中の気持ちにも、とっても良い影響を与えている様な
気がするのです。

・・・・・

イタリアなどでは、
『一杯の赤ワインを毎日飲むことが、長寿で健康の秘訣』
と言われたりしますが、

ほんとうに、そうなのかもしれません。



皆さんも始めてみませんか?

毎日一杯の赤ワインを飲む生活!


人生がばら色に見えてきますよ!!



では!
[PR]
by karol1 | 2012-10-26 10:49 | 記念日 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

昨夜は、夫と共にコンサートに行って参りました。
場所は、東京オペラシティ・コンサートホール:タケミツメモリアルです。

そこで、桐朋時代にたいへんお世話になりました
三瀬和朗先生にお会いしましたよ。
d0107660_9545487.jpg

三瀬先生には、
高校1年から大学1年までの4年間、
毎週和声の授業(作曲・音楽理論の基礎を学ぶ重要なクラス)で
月曜の1限に毎週お会いし続けておりました。

しかも桐朋は少人数制のクラスなので、
そのクラスは4年間クラス替え無しで、
15人弱のメンバー編成でした。
先生の授業は、毎回楽しくて、今でも詳細に覚えています。

先生には、
今年3月の、私達の結婚披露宴にもいらしていただきましたよ。

それにしても、
先生は当時から20年経っても全くと言って良い程お変わりなく、
当時そのままであります。
すごいですよね。

それではまた!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-23 10:05 | 人物編 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

本日は、トリオの仲間と幼稚園で演奏してきましたよ。

全部で1時間のプログラムでしたが、
チェロの曲あり、ヴァイオリンの曲あり、
またまたヴァイオリンとチェロだけの曲あり、
そして3人で演奏するトリオもあり、と
盛りだくさんのプログラムでした。

最後は、園児も参加してディズニーの白雪姫『ハイほー』
を一緒に演奏しましたよ。
(園児は大太鼓やカスタネットやトライアングル等)

とっても盛り上がって、園児たちも最後まで真剣そのものでした。

最後に全員で記念撮影です。
d0107660_15225217.jpg

今回は、
ティンカーベルのイメージで衣装を選んでみましたよ。
d0107660_15241464.jpg

こんなに皆さんに喜んで頂けることは、
ほんとうに嬉しい事です。

それにしても、園児達の可愛らしいこと!!

すっかり癒されてしまいました、キャロルです。

最後に、私達トリオでの記念撮影。
d0107660_10114313.jpg



ではまた!
[PR]
by karol1 | 2012-10-22 15:26 | ザレファストリオ | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

今年の3月に日本に住み始めてから、すぐに始めた事があります。

それは、念願だった室内楽グループを作ること。

アメリカに居たときから、何軒からのお誘いはあったのですが、
ついにこうして実現出来る事になって、ほんとうに嬉しいです。

名前はザレファス・トリオです。
d0107660_10104298.jpg


そして、実は明日も私達のコンサート(本番)があるのですが、
それと平行して、私達は、来月の別の本番に向けての練習が始まりました。

曲は、チャイコフスキーのピアノトリオ
『偉大な芸術家の思い出に』
です。

こちらがアメリカから取り寄せた楽譜です。
(なにしろ日本で買うと一冊6千円もしてしまうのですから)
d0107660_0253121.gif

こちらが、Webで見つけてきた作曲家自身の校訂版
d0107660_027539.jpg

この曲は、チャイコフスキーの友人でピアニストの
ニコライ・ルービンシュタイン
(モスクワ音楽院の創設者)
が亡くなったことを、チャイコフスキーが惜しみ、
こんなに凄いピアニストがいたんだよ、
ということを後年に残す意味でも
『偉大な芸術家の思い出に』という副題を付けて
チャイコフスキーがこの曲を作曲したそうです。

という訳で、ピアノパートには
極めて高度な演奏技術が要求される曲
なのであります。
(下の写真は2楽章の変奏曲のごく一部)
d0107660_033134.jpg

そして、信じられない位の長さの曲です。
(楽譜は一曲で百ページ以上)

前回演奏したベートーベンのピアノトリオでも、
4楽章まで通して弾くと30分の大曲でしたが、
こちらは、全曲通して弾くと、
なんと50分も掛かるのです。

今日も、一楽章の合わせだけでも、三人で3時間費やしました。

その合わせが終わってから、
今度は明日の本番の為の練習、
そして、来月に本番がある別の曲の練習、
それから、来年春にNYで本番があるコンチェルトの練習、
などなど、終わりが無く続きます。

でも、一緒に弾いているとほんとうに楽しくて、生き生きしてくるのですよ。


では、また明日の本番が終わったらリポートをお届けしますね♪


それではおやすみなさい。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-22 00:42 | ザレファストリオ | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

先日は、夫くんと一緒に行ったコンサート会場
(上野・東京文化会館小ホール)
にて、二つの嬉しい再会がありました。

桐朋時代にお世話になった作曲家の
増本伎共子先生です。

増本先生には、数年前に先生の作品がNYで演奏された時に、お会いして以来でしたよ。

先生は、桐朋の一期生で、小澤征爾さんと同期なんです。

授業では、当時の小澤先生のお話などがごく普通に出てきたものでした。

そんな桐朋の生き字引の様な先生から
こうして直接お話が伺えるのはとても貴重なことです。
d0107660_22463268.jpg

その日は、もうひとつの再会がありました。

やはり桐朋時代にお世話になった作曲家の
飯沼信義先生にもお会いしました。

先生にお会いするのは、卒業以来のこと。
そう、私がアメリカに留学する前に、
ビザの為に推薦状を書いていただいて以来のことでした。

「留学先はアメリカです」と言ったら、
先生、「私の娘もアメリカに行っているんですよ。頑張ってくださいね」
と言ってくださったのを、この間の事の様に感じます。

実に15年も前のことになるのに、
先生には、「お顔は覚えております」
と言っていただけたのは嬉しいですよね。

下の写真は、Webで見つけた先生のお写真です。
d0107660_10145791.jpg


卒業してこんなに年月が経ってからも、
改めて、こんなに素晴らしい教授陣に
毎日教わっていたのですよね。
そして、とても温かい気持ちになりました。


先生、これからもお元気でご活躍ください。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-20 23:02 | 人物編 | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

もう数週間前のことになりますが、
法事に参加して参りました。
d0107660_9311157.jpg

アメリカに住んでいる間は、なかなか頻繁に日米を行ったりきたり出来ないので、
今回、こうやって親戚の方と会うのは、ほんとうに久しぶりの事でした。

私のことを赤ちゃんの時代から覚えてくれた方とお会いしたりして、
ほんとうに嬉しかったです。

こうやって、親戚、先祖の方々があってこそ
今の自分があるのだな、とつくづく感じましたよ。


やはり親戚って良いものですね。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-20 09:37 | 日本より | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

今日は、久しぶりに本番がありましたよ。

場所は青梅にある素敵なレストランを貸しきってのコンサートでした。

NYを拠点に世界的に活躍中のヴァイオリニスト(桐朋の先輩)、がNYから一時帰国中で、
一緒に演奏出来る事になりましたよ

彼女は、実は、キャロルの友人のサラちゃんのお姉さんなんです。(姉妹でヴァイオリニスト)

その、NYから一時帰国中のメグさんは、今回、自分の楽器を持ってこなかったので、
なんと、キャロルの楽器(ヴァイオリン)で演奏したのですよ!!!
(下の写真はキャロルのヴァイオリンで演奏するメグちゃんです)
d0107660_0302841.jpg

そうなんです、
キャロル、実はヴァイオリンも持っていたのですね。

この楽器、
ヨーロッパ人のヴァイオリニストの友人から譲ってもらったものですが、
ルーマニア製のなかなか良い楽器なんです。

普段、あまり弾いてあげていないので、、
今回、きちんと調整に出してくださり、
弦も新しいものに取り替えてくれて、
そしてこうして素晴らしいヴァイオリニストに弾いていただけて、
見違えるような音になっておりました!

楽器も喜んでいるのが分かります。

そんなメグちゃんと今回初めて一緒に演奏することが出来て、
とても光栄でした。

というのも、彼女は世界各地で活動しているジャズ・ヴァイオリニストなんです。
ジャズだけでなく、こうしてクラシックを弾かせても腕は超一流です。
桐朋とジュリアート音楽院を出ただけのことはあります。

右から、そのジャズヴァイオリニストのメグちゃん、サラちゃん、そしてキャロルです。
d0107660_0353175.jpg

そして、もちろんサラちゃんとも演奏しましたよ。
サラちゃんはヴィオラを演奏しました。
d0107660_0361181.jpg

お二人には、可愛いハーフのお子さんがいます。
サラちゃんの子供(次女の舞歌ちゃん)と、
後ろにいるのはメグちゃんの子供(長女のなおみちゃん)。
どちらも1歳半です。
d0107660_041314.jpg

最後に、キャロルが踊っている様(?)なショットを。
d0107660_042526.jpg


やっぱり演奏するのって楽しいわ!


これからもどんどん演奏していきます!


と同時に、身体作りの方やフラメンコの方もがんばります!


ではまたね。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-11 00:56 | コンサート関連 | Comments(0)

スカイテラスからの眺め

こんにちは、キャロルです。

先週のことになりますが、渋谷にあるホールに行ってきました。

白寿ホールというホールです。

そこの屋上(スカイテラス)からの眺めはこちらです。
気持ちよい眺めですよー
d0107660_1550527.jpg

この日は、台風が来た日でした。

まだ雨が降る前でしたが、雲が凄い早さで移動中でしたよ。

スカイテラスはこちらの階段を使います。
d0107660_1551759.jpg

こちらが白寿ホールの入り口です。
d0107660_15512191.jpg

中は、こんな感じのホールです。
d0107660_15513249.jpg

なかなか響きも良くて、素敵なホールです。

夫くんは、数学の頭になると、たとえ開演の直前でも、ノートに書き留めておりました。
d0107660_15514453.jpg

この数日間、集中していた甲斐あってか、
無事、論文が出来上がったそうです。

一つ仕上がっても、また次の論文の準備が始まる訳で、
勉強に終わりがある訳ではないようです。

昨日は早稲田大学、今日は学習院大学へと出かけている夫くんでした。

+++

キャロル自身は、
最近、バレエのクラスに加えて、
フラメンコのクラス
も取り始めて、面白くなってきております。

昨日は、フラメンコのクラスの後、
ファイト・デゥーのクラス
(ビリー隊長のブートキャンプの様な感じの激しいクラス)
に出てみちゃいました。

これって、米軍兵が鍛える為に行う訓練でしょ?

45分間、激しく、動き回りながらパンチやキックをし続けるクラス。

終わったら汗がだらだらですよ。


こんなに激しいクラスなのに、出ている人は全員女性なんです。
しかも皆さん本気でやってます!
すごい熱気です。
好きなんですねー、皆さん。


そんな所でした。

ではまたね。



キャロル
[PR]
by karol1 | 2012-10-06 16:03 | 東京での暮らし | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31