良いお年を

キャロルは、明日からNYを離れます。そんな訳でただ今、パッキング中です。

行き先は日本です。年末年始を家族と過ごす為にね。
キャロルにとっては独身最後の年末年始になります。


そんな訳で、しばらくブログの更新が滞るかもしれませんが、

皆様、どうぞ良いクリスマス&年末年始をお迎えくださいませ。


今年もお付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。


そして、また来年もよろしくお願いいたします。


☆キャロル☆
[PR]
by karol1 | 2011-12-18 10:09 | Comments(0)

こんばんは、クリスマスも年末も近づいてきましたね。

お元気ですか?

今週は、キャロルのNYでの教師生活最後の週とあって、毎日、毎日をとてもエモーショナルに過ごしておりました。

そして、最後の最後が、昨日の生徒の発表会、という形で幕を閉じましたよ。

その最後の瞬間がこの写真です。
d0107660_13235878.jpg

最後のスピーチもしている間に、父母は半泣き状態に。

その後も最後のお別れの時には、皆ぼろぼろに泣いていました。

子供達が小学校全部、そして中学校全部とずっとキャロルに毎週会っていると、まるで家族の一部を失う様な、そんな心境になってしまう様です。

可愛い生徒達は、キャロルにとっての子供です。

今までこんなに楽しい10年間を過ごす事が出来て、ほんとうにどうもありがとう!


皆はキャロルの宝物です!


キャロル
[PR]
by karol1 | 2011-12-17 13:35 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

同僚のアレクサンドラ

キャロルの同僚の女性達には、まるで女優の様に美しい方がいらっしゃいますよ。

こちらは、ルーマニア系フランス人のアレクサンドラです。
d0107660_10591938.jpg

場所は新しく生まれ変わったジュリアード音楽院の前で。

彼女を見ていると、いつも『スカーレット・ヨハンソンのようだわ』と思っております。

この美貌だけでなく、ピアニストとしても素晴らしい腕前の彼女なんですよ。神は天に二物を与えています。

彼女にはキャロルが帰省する間に生徒達を臨時で見てもらったり、そんな感じで同僚として仲良くしています。ちなみに彼女が実家に帰るときは行き先はパリですからね。素敵な響きですよね。ちなみにパリ音楽院卒ージュリアード音楽院卒のバリバリのエリートです。


この様な美貌を見ているだけで、ずいぶんと刺激になるのですが、東京で暮らすようになってもこの『刺激』を忘れずにいたいと思っていますよ。


キャロル
[PR]
by karol1 | 2011-12-11 11:06 | 人物編 | Comments(0)

オーケストラとの写真

お待たせいたしました、キャロルです。

こちらが、オーケストラとの写真です!

キャロルが約5分強に渡る壮大なカデンツア(ベートーベンによって書かれた)を弾いているところです。
d0107660_6465341.jpg


DVDが出来上がるには、もう少し時間が掛かりそうだと連絡がありましたが、仕上がりが今から楽しみです。


でも、本番の雰囲気は写真からでも伝わるかな?



キャロル
[PR]
by karol1 | 2011-12-11 04:38 | コンチェルトのこと | Comments(2)

師走のニューヨークより

ご無沙汰しております、キャロルです。

風邪をこじらせて悪化させてしまったキャロルですが、しばらく治療に専念しておりました。

お陰さまで、ようやく、ようやく復活いたしましたキャロルです。

気がついてみれば、もう師走。今年も残りあとわずかになりましたね。

ニューヨークの冬の風物詩、ロックフェラーのクリスマスツリー。
d0107660_1126769.jpg

冬のセントラルパーク。
d0107660_11282067.jpg

今年は、例年に比べると温暖化の影響か、寒さも穏やかなNYです。

キャロル邸のキッチンからはおでんの匂いが。
そう、冬はおなべに限りますよね。


では良い週末を。


キャロル


PS どうやらキャロル邸の家電話が不通です。御用の方は携帯の方にお願いします。
[PR]
by karol1 | 2011-12-10 11:31 | New Yorkの街より | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31