くるみ割り人形

感謝祭が終わると、アメリカはすぐに街中がクリスマスモード一色になります。

キャロルが毎年演奏しているチャイコフスキーの『くるみ割り人形公演』のリハーサルもさっそく始まりました。このくるみ割り人形は、クリスマスには欠かせないイベントなんですね。

キャロルはチェレスタという楽器(鍵盤楽器)で登場しますよ。

毎年、主役は華やかに活動しているボストンバレエ団のプリマドンナでしたが、今年は更なる大物スターが主役をするそうです。(ニューヨークシティーバレエの大物だとか)

チェレスタは、この公演の中で最も盛り上がるクライマックスに登場する主役のソロのシーンで演奏する、大事なパートを担っているのです。この『金平糖の踊り』のシーンは、静まりかえった中でチェレスタのソロが音楽を奏でます。いつもこのシーンになると感動します。

写真はブルックリンの住宅地からクリスマスの飾り付け『くるみ割り人形』バージョンです。
d0107660_177769.jpg

キャロルは眠り姫からようやく復活しましたよ。それにしても今回はかなり長引いてしまいました。皆さんも風邪と思っても、油断禁物ですよ。

今回は改めて健康の大切さ、ありがたみを噛み締めましたよ。

では皆様ごきげんよう。
[PR]
by karol1 | 2011-11-29 16:55 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

最終公演の後のプロダクション打ち上げパーティー@ギリシャレストランにて

ながーいテーブルの奥までキャスト&スタッフメンバー達です。
d0107660_12572724.jpg

それぞれひとりひとりが、『良くなってね』とブックレットにメッセージを書いてくれて、この写真と共に送ってくれました。(ブックレットは後日届きました)

このキャスト&スタッフメンバーは、ほんとうに素晴らしい人々の集まりなんですよ。

そのひとりひとりが書いてくれたページをめくりながら、キャロル、うるうるしてしまいました。

***

話は桐朋時代に戻るのですが、そこである先生がこうおっしゃられていたのが今でも記憶に残っています。

『君達は多くがソリストになろう、として毎日人よりも少しでも多くの時間練習して、人よりも少しでも上手くなろうとして頑張っているよね。でも、声楽家の人達というのは、とても協調性が必要なんだよ。もちろん一人で歌っているだけで良いわ、という人はいるかもしれないけれど、でも多くの声楽家の目標はオペラ。
オペラをやるというのは、それはそれはたくさんの人々と一緒に作り上げていかなくてはいけないからね。自分だけが上手ければ、というのは通用しないんだ』

という事です。

このオペラカンパニーにキャロルも4年程前から所属するようになって、声楽家の人々の他人を思いやる気持ち、つねにやさしい言葉を掛け合って、共に向上させていく。そんな素晴らしい生き方の背中を見せてもらったような気がします。

それは、自分がひとりでピアノを弾いていても得られなかったことかもしれません。

そんな訳で、このオペラカンパニーに所属できた恩恵はとても大きいです。

みなさん、ありがとう。
[PR]
by karol1 | 2011-11-28 12:23 | オペラ編 | Comments(0)

みなさまこんにちわ、

昨夜のキャロル邸からの夕日がとっても綺麗だったので、写真に撮ってみましたよ。

だんだんと空が夕日になってきました。
d0107660_821169.jpg

ばーん、見てー、この空の色!エンパイアステイトビルが夕日に浮かんでいます!
d0107660_822955.jpg

こちらはワールドトレードセンターがあったダウンダウンのファイナンシャルディストリクトの高層郡です。さらに空の色が鮮やかです。
d0107660_82479.jpg

見ているだけで静かな気分になりませんか?
d0107660_83480.jpg

さあ、ライトアップされましたよ!中央やや右寄りに一番高くて光っている建物が、旧ワールドトレードセンター跡地に建設中の『フリーダムタワー』です。ブルックリンブリッジもライトアップされていて綺麗ですね。
d0107660_832572.jpg

最後に堂々のエンパイアステイトビルです。
d0107660_834289.jpg


さて、キャロルですが、約一週間強寝続けて、体重も減ってしまいましたが、ちょっとスリム体系になって復活の一歩手前のところまで来ました。なにしろ、ここ10年で一番のスリム体系?!です。

風邪をひき始めたのが今月の7日だったので、今日何日?という感じですが、健康第一と実感しましたよ。

皆様も体調にはお気をつけてくださいね。

そんなところです。
[PR]
by karol1 | 2011-11-27 08:09 | キャロル邸より | Comments(0)

3人なかよし

キャロルです。

3人のお子さんの仲良し写真が届きましたよ。とってもかわいいので載せてしまいます。
d0107660_8272712.jpg

クリスマスのジンジャーブレッドハウスを作ったみたいね。

感謝祭が終わると、一気にクリスマスムードに入りますよ。

一年ってあっという間ですね!

ではまた。
[PR]
by karol1 | 2011-11-26 08:28 | 子供達編 | Comments(0)

蝶々夫人公演

キャロルです。

先週末に行われた、レジーナオペラプロダクションの蝶々夫人公演。

キャロルは残念ながら風邪で行けなかったのですが、新聞にリビュー(批評)が載りました。
その中に載っていた3枚の写真をお届けしますね。
d0107660_8121692.jpg
d0107660_8123082.jpg
d0107660_8124440.jpg

リビュー(英語)をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。前評判どおり、素晴らしい公演だった様です。

キャロルも今週末の公演こそは行ける様に体長を万全に整えているところです。


みなさまも、どうぞ体調にはお気をつけてくださいね。

キャロルも、今回ばかりはちょいとたいへんでしたから。無理は禁物です。


ではまたね。
[PR]
by karol1 | 2011-11-26 08:15 | オペラ編 | Comments(0)

感謝祭

こんにちは、キャロルです。

今日は、アメリカの祝日、『サンクスギビングデー』です。

キャロルは、数週間前にひいた風邪が治りきらず、それでも仕事を休もうとしないキャロルにドクターストップが掛かってしまいました。

そんな訳で、寝正月ならぬ寝感謝祭です。

家でチキン&お野菜たっぷりのスープと、クランベリー&りんごのデザートを作りました。ついでにパンケーキも作って、ひとりで感謝祭気分です。

d0107660_615588.jpg
(注:写真は友人の投稿写真より借用です。これは感謝祭のお節料理の一つ、クランベリーソース作りです。その他のお節料理には、七面鳥、グレービーソース、パンプキンにアップルパイが並びますよ)

それでは、みなさま、ハッピー・サンクスギビング!

キャロルは、ひたすら寝て、週末までには治すつもりです!!
[PR]
by karol1 | 2011-11-25 06:02 | キャロル邸より | Comments(1)

マリリンモンロー像

アメリカはやっぱりやる事が巨大です。

シカゴに現れたのは、巨大なマリリンモンロー像。

高さ8メートルだそうです。

これは、どうこう説明するよりも、画像を見ていただくのが一番。

ということで、次々と行きますよ。
d0107660_1383815.jpg

別の角度から。
d0107660_1395539.jpg

上空から。
d0107660_13103245.jpg

すっかり混みあっています。
d0107660_13105983.jpg

どうやら、結婚式後の観光スポットにもなっているようですねえ。
d0107660_13112026.jpg

見上げている対象を後ろから見てみましょうか。
d0107660_13114675.jpg


来週春まで展示されているようですよ。


シカゴにいらっしゃる時には、モンロー像のチェックをお忘れずにー。
[PR]
by karol1 | 2011-11-20 13:15 | 見つけた写真達 | Comments(0)

友人のベイビー達

こんにちわ、キャロルです。

今日は、友人のベビたんの写真を載せちゃいます。
d0107660_750115.jpg

「ママー!」って言う声が写真から聞こえて来そうですよね。

彼女はこの上にももう一人女の子がいる、なんと三児のママです。


三人もと言うのは、スタートが早いから可能なもの。やっぱり若いって良いな。
[PR]
by karol1 | 2011-11-20 07:43 | 子供達編 | Comments(0)

この人だーれ?

さて、以前伴奏をしたフルートの生徒さんが進学した大学(ウィスコンシン州)から届いた写真です。

さて、この方は誰でしょう?
d0107660_1318437.jpg



なんて、答えは音楽家の皆さんならもうお分かりですね。

ヴァイオリニストの五嶋みどりさんです。



五嶋みどりさんと言えば、実はキャロルと同じ時期に同じ大学院に通っていたのですよ。彼女は、心理学を勉強する為にニューヨーク大学院に入ったのでした。1998-2000年の頃です。

一度、帰宅時が同じになり、地下鉄で目の前にいたのがみどりさんだったので、話しかけた事があります。日本語で話しかけると気さくに答えてくれましたよ。
彼女は、分厚い心理学の本を七冊ぐらい抱えて、地下鉄の中でも真剣に読んでいましたよ。どうやら自宅は本で囲まれているのだそうです。
その日は、ヴァイオリニストのみどりさんとは異なる顔が見れました。


とにかく本が大好きというみどりさん。
こちらの学生はとにかく本を読みます。図書館は24時間オープンなのでキャロルも試験前は良くそこで深夜までお勉強していましたっけ。


なんだか当時の事が懐かしくなりました。


でも、あの勉強量の学生時代にはもう戻れないですね。あれはやはり青春だからこそ、でしょうね。
[PR]
by karol1 | 2011-11-19 09:30 | 見つけた写真達 | Comments(0)

クイズの答えは・・・

こんばんわ、キャロルです。

さて、昨日のクイズの答えですね。

この写真が建物全体図です。荘厳ですよね。そしてとにかく大きい。
d0107660_11303530.jpg

もうお分かりになりましたか?

そう、

答えは、

サンクトペテルブルグにある、『エルミタージュ・美術館』でした。

反対の対岸から見た画像はこちらです(Wikipediaより)
d0107660_11344754.jpg


友人のホールマンさんが、モスクワの後訪れた地がこちらのサンクトペテルブルグでした。

館内からの写真をいくつかご紹介しますね。

ラファエロ
d0107660_11371621.jpg

ダヴィンチ
d0107660_11401830.jpg

レンブラント
d0107660_1202833.jpg

広間
d0107660_11405346.jpg

近づいてみました
d0107660_1141259.jpg

大理石の石造
d0107660_1141468.jpg

回廊
d0107660_1142105.jpg

この馬の像の大きさ、人間の大きさと比べてみてください。よくこんなものが作れたなと関心です。
d0107660_11423016.jpg

とにかく広いです。そして大きいです。

先日、ホールマンさんと共通の友人のティムさんと話をしていて、やはりアメリカ人でもロシアに行くにはビザを取ったり、なんだかそういったペーパーワークが必要なんだそうです。そんな訳で、そこまでしてもロシアに行った彼ってすごいよね、という話でした。

他にも、ほんとうにたくさんの写真を私達に送ってくれているのです。モスクワ中の音楽家達のお墓巡りの写真だとか、そのサンクトペテルブルグ版だとか。

ラフマニノフのお墓でピース!とかしているのですよ。私達、かなり爆笑でした。


ホールマンさんのロシアめぐりも、そろそろ終盤を迎えます。


それではまたね。
[PR]
by karol1 | 2011-11-18 11:45 | 見つけた写真達 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。