こちらが、NY州ロングアイランドの市長さん。
d0107660_13563255.jpg
この方のオフィシャル・ホームページに、私達の写真が載りました。

去る4月2日に行った、日本の大震災、津波のチャリティーコンサートの為のイベントの為の、メディア公開取材でした。
d0107660_1401833.jpg

↑↑↑
写真は、オフィシャル・ホームページより。
左から、キャロル、同僚の小秋さん、上司のパトリシア、上司のキム社長、そして中央がマンガーノ市長です。右側には、コミュニティーからの応援の方々が並びました。

こんな時だからこそ、一丸となって支えあって頑張りましょう、と励ましあいましたよ。



みなさま、たくさんの応援をありがとうございました。
[PR]
by karol1 | 2011-09-30 13:54 | メディア関連 | Comments(0)

キャロルです。

先日は、キャニン教授の所でそれはそれは素晴らしいレッスンを受けてくることが出来ました。

あれほどまでにベートーベンには容赦しない厳しい要求を出されるキャニン先生に、ブラボーと言って頂けたことは、正直、ほんとうに驚きでありました。
先生は、言葉を誇張される方ではないので、先生のひとことの意味は大きいと感じます。

そして先生からは、『これまでの中で技術的にも精神的にももっとも高いレベルの演奏に達することが出来たね』、と言われました。
『でも、私は桐朋時代にはベートーベンの5番(皇帝)のコンチェルトも弾いていましたよ』、と答えたら、『5番よりも4番のコンチェルトの方がはるかに技術的にも音楽的にも難易度が高いですよ』と言われました。

ですから、何もかも知り尽くしていらっしゃる巨匠に、こういうお言葉をいただけるようになった、ということはたいへん嬉しいことであります。

-----

さて、私のもうひとり尊敬するロシア人のプドムナヤ教授が、ヨーロッパツアーから戻ってきましたので、明後日、ベートーベンを聞いてもらいます。彼女にはモーツアルトのコンチェルトの時もたいへんお世話になりました。世界中の様々なメジャーなオーケストラとの共演をしてきている先生から、共演のいろはを一から教えていただいたと言ってもよいでしょう。

そのお陰があってこそ、今回のベートーベンがこれだけ形になってきた、とも言えるでしょう。

------


そして、指揮者の前でテンポ合わせの為に弾くのが週末に入り、
そして、来週月曜日にはいよいよオーケストラとの初合わせが始まります。

たのしみ!!



そんな感じで一週間が雪崩の様に(?)過ぎていく、そんな感じのNYの秋、今日この頃であります。



それではまた!
[PR]
by karol1 | 2011-09-27 10:34 | コンチェルトのこと | Comments(0)

明日は、
キャロルの恩師であるキャニン教授の前で、ベートーベンを演奏して来ます。


先生は、特にベートーベンに関しては妥協を許さないことで有名ですので、良い指摘が受けられるかな、と今からわくわくしています。(先生はベートーベンのスペシャリストです)


先生に連絡を入れると、「おお、カオル(キャロルではなく)かい、どうしたのかね。人生はどうだい?」
と真っ先に聞かれます。今回もいつものように聞かれましたので、『婚約』の報告をしました。そうしたら、それはそれは喜んで下さいました。

これで、15年のNY生活を終えて、今後は東京で暮らす事になりました、とお伝えしたら、15年は長い年月だったね。君がNYに来て、それからNYUに行って、その時の事からずっと私は知っているからね、とあの頃を思い出す様な仕草で話して下さって、なんだかとてもジーンと来てしまいました。だって、私がNYで腱鞘炎になって弾けなくなった時にも、じっと見守っていてくれたのですから。


昨年で80歳を迎えた先生は、未だにお元気でしかも現役で教え続けていらっしゃいます。こんなに素晴らしい先生で、そしてこんなにも素晴らしい人格者でいらっしゃる先生。
そんな素晴らしい教授から、直々に素晴らしい生きた指導を受けられるということ、私はその事をとても光栄に思っております。

-----

今日は、オーダーしていたポストカードが届きました!


最新版はこちらです。
d0107660_11434663.jpg



では明日のレッスンの報告は、また後日にね。
[PR]
by karol1 | 2011-09-23 11:37 | コンチェルトのこと | Comments(0)

こんにちは、キャロルです。

さて、キャロルですが、

来月、オーケストラと共演します!!

(画面下にもうひとつ裏面の画像を載せておきましたのでご覧ください ↓ )

d0107660_2423283.jpg


10月16日(日) 7:00PM開演
ベートーベンのピアノ協奏曲第4番を演奏します。

***

この、ベートーベンの最高傑作とも言われるコンチェルトを、実際にオーケストラと共演できること、こころから幸せに思っております。

そして、その幸せな気持ちが聴衆の皆様にも伝わると良いなと思っております。

***

NYでの生活も残すところあと半年となりました。
ですから、オーケストラと共演(しかもNYで)出来るというのは、ほんとうに貴重なことだと思っております。
こころから演奏したいと思います。

d0107660_13373425.jpg


場所はこちらです:
ロングアイランドのロックヴィールセンターにある
サウスサイド・ミドルスクール大ホールです。

Southside Middle School
67 Hillside Avenue
Rockville Centre, NY

CALL THE RVC GUILD TICKET LINE 516 616-3610
Tickets: $15 Adults, $12 Seniors and Guild Members, 18歳以下無料
チケットは、会場の入り口でお求めいただけます。

***

たくさんの皆様にお目にかかれますことを、こころから楽しみにしております。
[PR]
by karol1 | 2011-09-17 02:59 | コンチェルトのこと | Comments(0)

秋晴れのNYより

こんにちは、

今日はスカッと秋晴れのNYです。
なんて清清しい秋の陽気なんでしょうか。

こちらは、キャロルが帰国したその翌日から、全ての大学、小中高校、そして全てのお仕事が一斉にスタートいたしました。それまで夏休みモードだったのとは一転して、フルモードです。

毎日職場に行くと、会議やら、上司やら、同僚やら、そして自分の生徒達、大学の学生さん達(元の教え子も含め)、そして、子供達の送り迎えで来る父母にも会うので、毎日、ほんとうにたくさんの人と関わっていることになります。

その人達に会うたびに、『夏はどうでしたか?』とか『婚約おめでとう!』とたくさん言っていただけるので、とても嬉しい会話が続いております。その度にそれぞれの方といろいろとお話することになるので、ほんとうに一日があっという間に過ぎていく感じで、一週間が終了しました。

そして、週末の今日はいよいよオペラの稽古『蝶々夫人』のリハーサルが始まります。ここでもたくさんの人に会うから、いろいろと聞かれること間違いなしです。なにしろ突然の婚約でしたから。


今回は、機内でぐっすり寝られたこともあり、時差ぼけもなく自然にNY時間にアジャストできています。
それに、6週間使っていなかった英語もまったく大丈夫でした。やっぱりそれでなくちゃね!


そんな訳で、人と交流することが大好きなキャロルですから、ここでも幸せで快適な時間を過ごしております。おそらく、幸せオーラ全開のキャロル(のはず)です。


最後に、今朝のキャロル邸より。
d0107660_21363328.jpg



それでは良い日をお過ごしください!
[PR]
by karol1 | 2011-09-09 21:29 | キャロル邸より | Comments(0)

羽田発NY直行便

こんにちは、キャロルです。

今回は成田ではなく、羽田空港発の国際線(NY直行便)を使ってNYに戻ってきました。

キャロル、初の羽田空港入りです。
(というのも、羽田から国際線が飛ぶ様になったのはごく最近のことですから)

アメリカン航空-JAL提携便-の離陸時刻は朝の6:40分。チェックインは4:40分。

こんな時間は空港直行のリムジンバスも運行していない時間ですので、終電近くの山手線&モノレールでミッドナイトには無事に空港入り。それからは、台風が過ぎ去った後の羽田空港の展望デッキ(24時間オープン)で、朝の4時半までフィアンセとワインを飲んでいました。

展望デッキ、なかなか良かったですよ。
d0107660_13581049.jpg

こんなところで夜を明かすのも、なかなかロマンチックですよね。
d0107660_1403722.jpg


そんな訳で、NYから再びお届けしております。


秋のニューヨーク、まだ夏のなごりで湿度が高めですが、明日からは新しい学期がスタートしますので、気を引き締めて取り組んで行きたいと思っております。


ではまた。
[PR]
by karol1 | 2011-09-05 14:04 | 日本より | Comments(0)

デュオコンサート

今週末にはもうNYに戻ることになっているキャロル。

日本滞在もあと数日カウントダウンが始まったところで、今日はヴァイオリンとのデュオコンサートを開きました。

実家で行うホームコンサートも、この夏の間だけでも2回目です。
d0107660_2051929.jpg

プログラムはこんな感じです。
d0107660_2072188.jpg

皆さんにも喜んで頂けて、私達も楽しく演奏できました。

やっぱり、コンサートは楽しいです。


さて、これからパッキングです。


実は、キャロル、結婚することになりました。


婚約者は東京在住なので、しばらくは離れてしまいますが、3月には東京で式を挙げて、居は東京に移すことになりました。


そんな訳で、NYでの生活も来年の3月までとなりました。

キャロルのNY生活も、14年を過ぎ、15年目に入っておりましたが、来年4月からは新東京生活がスタートする予定です。

それまで、思い残すことなくNYでの残りの生活を充実させるものにしたいと思っております。


これからも、よろしくお願いします。
[PR]
by karol1 | 2011-09-01 20:12 | 人物編 | Comments(2)