東大オケ

今日は東大オケを聴きに行ってきました。

東京大学音楽部管弦楽団
は、東大の唯一の『公式』オーケストラだそうです。
(アマチュアのオケは東大には100個ぐらいあるそうです)

チケットは完売、従って会場も満員の素晴らしいコンサートでした。


知り合いのお嬢さんがオケで弾いているので行ってきたのですが、噂に聞いていた以上の統制の取れた、素晴らしい演奏でしたね。

会場では、懐かしい友人達にも会えて、楽しかったです。(20年振り?)


なによりも、オーケストラのメンバーがこころから音楽を楽しんでいるというのが溢れんばかりに出ていて、若いエネルギーって素敵だな、と思いましたね。

それにしても、頭脳が優秀な人は音楽の能力もおのずと高いですね。


アメリカでは、音楽大学に進めるだけの能力を持った人が、ハーバードやイエール大学には集まっていると聞きますが、ここ日本にもその現象があるのですね。

そう思うと、なんだか嬉しくなってしまいました。


最後は会場全員でドイツ民謡の合唱をカノン形式で歌い、聴衆がこれだけ歌えるという演奏会もすごいですよね。なんて思いながら、なんだか楽しい気分を味わって帰って来ました。


日本滞在、なかなか楽しんでいます。
[PR]
by karol1 | 2011-07-30 22:51 | トリビア編 | Comments(0)

ハイビスカス

横浜からこんにちは。

帰国してからまだちょうど1週間が経ちました。
とはいえ、まだ1週間なんですよね。
お陰さまで、今回は日本にすっかり馴染んでいるキャロルです。

ベランダのハイビスカスが咲きました。
d0107660_2229659.jpg

幸せな気分にさせてくれるオレンジ色です。

日本滞在って楽しいです。

それではまたー
[PR]
by karol1 | 2011-07-29 22:31 | 日本より | Comments(0)

横浜よりこんにちは

キャロルです。

日本に来ています。

d0107660_972262.jpg


日本は、想像していたよりもずっと涼しくて、NYよりも涼しい!!

都心に行くと、見るものが全て新鮮でちょっぴりおのぼりさん気分ですが、とっても快適に過ごしていますよ。


それにしても、日本って皆が礼儀正しいし、綺麗で、清潔ですし、なによりも静かで、落ち着きますね。


今回は、しばらくゆっくりと夏の滞在を楽しみたいとおもっております。


それではまた!
[PR]
by karol1 | 2011-07-27 09:11 | 日本より | Comments(0)

メトロポリタン美術館

今年のキャロルの夏は、かなりアクティブです。

今日は、メトロポリタン美術館へ行ってきました。いつも行きたい、行きたい、と思いながら、いつでも行けるから、なんて思って、いつの間にか時間が経ってしまっている、そんな場所が美術館です。

d0107660_1455238.jpg


それにしても、この美術館の建物に来ると、やはりテンションあがりますね!!


キャロルの大好きな美術館です。


こんな素敵な美術館のある街に住めて、しあわせ。
[PR]
by karol1 | 2011-07-16 14:56 | New Yorkの街より | Comments(0)

クリーブランド響

今夜は、クリーブランド響の演奏会に行ってきました。

リンカーンセンターで行われている夏のフェスティバルの一環で、大御所のクリーブランド響がブルックナーの交響曲を4夜に渡って演奏いたします。(5、7、8、9番)そのうちの、今夜は7番でした。

ひとことで言って、素晴らしかったです。ほんとうに凄まじい程に凄かったです。久しぶりに良いものを聴かせてもらった感じです。

アメリカを代表するオーケストラだとは知っていたけれど、これほどまでに良いオーケストラとは。やはり百聞は一見にしかずですね。

***

実は、このオーケストラにキャロルの高校の同級生(クラスメイトのRちゃん)が載っているのです。

なので、彼女がこうしてNYにツアーでやってくる度に、美味しいものを食べに行ったりする訳ですね。

やっぱり、高校時代の友といるのは楽しいですね。


d0107660_14552477.jpg


上の写真は、クリーブランド響とは関係ありません。先日、週末にキャロルが撮った夕日です。右上に遠く見えるのがマンハッタンです。
[PR]
by karol1 | 2011-07-15 14:56 | トリビア編 | Comments(0)

日本は毎日暑い日が続いているようですね。

ニューヨークも負けずと暑い日が続いております。

ただし、湿度が異なるようで、体感温度が違ってくるのかもしれません。

なので、勝手に比べてみました。

*****

東京: (午前10:30現在)

気温:30℃
体感温度:33℃
湿度:62%

本日の最高気温:32℃、最低気温:24℃

*****

ニューヨーク: (午後8:40現在)

気温:31℃
体感温度:32℃
湿度:44%

本日の最高気温:33℃、最低気温:23℃

*****

以上です。


こんな風に暑い日は、濃い色のお野菜を食べて、栄養をつけるのが一番。

ビタミン色のお野菜達で、元気もりもりのキャロルです。

d0107660_11194647.jpg


それでは、暑さに負けない様に、しっかりと栄養を取って、今週も乗り切ってくださいね。


キャロルはもう来週には日本に行きますよー


まだまだ、出かける間際までお仕事で忙しいですが、でも週末はおもいっきりエンジョイしているキャロルです。


ではまたー
[PR]
by karol1 | 2011-07-13 11:22 | トリビア編 | Comments(0)

浜辺の鳥たち観察ツアー

日曜日の今日は、『浜辺の鳥たち観察ツアー』の小旅行に参加してきました。

というのも、ニューヨーク市の中でもある秘境の中でも秘境、細長い半島の先端に位置する貴重な場所に連れて行ってくれるからです。(なかなか普段は行きにくい場所なのです)

そして、このツアーではこんなに大きな双眼鏡で観せて頂く事が出来るのですね。遠くにいるかわいらしい鳥達の様子が見えて、本当にたのしいのです。
d0107660_7164054.jpg

この様な美しいビーチは、地域ごとに厳しく入場が制限されていて、許可書が無ければ車で進入することも、むやみに止めることも出来ないからです。そのようにして、きれいな砂浜を守っている訳ですね。そんな訳で、ツアーで参加すればしっかり許可書もゲットです。(しかもツアーは無料です)
d0107660_717729.jpg

ツアーのリーダーは、どの鳥についてもたいへん詳しい『鳥博士』で、ひとつひとつていねいに説明してくださいます。今は、生まれた雛が育っていく途中の段階なので、かわいい鳥の雛をたくさん見ることができました。
新しい鳥達を双眼鏡で実際に目にする度に、目からうろこ状態です。さすが生命の神秘ですね。
d0107660_7173685.jpg

こうして、やってきた砂浜は、国立指定エリアの『ブリージーポイント』です。貴重なエリアです。
そして、真っ白な砂浜が永遠とつながっています。
d0107660_718740.jpg

浜辺の鳥達はとってもかわいいですよ。
d0107660_7185475.jpg

さいごにボート。
d0107660_7192273.jpg


とっても楽しい小旅行を終え、日が暮れる前に帰宅しました。


昨日は、『亀の博士』から実際にお話を伺えることが出来、そして今日は『鳥の博士』から実際にお話を伺えて、と言った具合に両日共に生命の神秘に触れ、大変有意義な週末を送ることができました。


それにしても、あまりに美しい海岸線に、すっかりうっとりで、ここがニューヨークであることを忘れてしまう程でした。


さあ、これから現実に戻って練習ですー。
[PR]
by karol1 | 2011-07-11 07:19 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

牡蠣vsあさり

NYは『オイスターバー』または『クラムバー』というタイプのレストランがたくさんあります。

『バー』といっても、普通のレストランなんですよ。

そこでは、新鮮な『オイスター(牡蠣)』や、『クラム(大きなあさり)』の生を出してくれます。

さて、今日は、友人と『オイスター』と『クラム』でどちらが美味しいか、というのを試してみましたよ。

ぷりぷり『オイスター(牡蠣)』です。
d0107660_1139820.jpg


そしてこちらもぷりぷりな『クラム(あさり)ちゃん』達です。
d0107660_1141519.jpg

d0107660_11542629.jpg


***

そして、結果発表++

だんぜん『クラム(あさり)ちゃん』でした!!!

***


というのも、牡蠣は太平洋側で取れる牡蠣の方が、小ぶりで身がしまっていてミネラルも豊富で美味しい、という事が分かったからです。瀬戸内海産の牡蠣の方がずっと美味しいってこと。


反対に、アサリに関しては、断然、大西洋側で取れるのが美味しい!!!身がぷりぷりしていて、これは何度食べても飽きません。


NYにいらしたら、一度は『クラムバー』に行って、日本では食べられない程の大きさの『生のあさり達』を食してからお帰りいただく事をお勧めします!!!
[PR]
by karol1 | 2011-07-10 11:46 | トリビア編 | Comments(0)

貴重なテラピン亀の産卵

数週間程前に、『テラピンという貴重な亀の産卵』を目の前で目撃いたしました。

それは、とある土曜日にジャマイカ湾の生物自然保護地区を散歩中に、目の前にいる亀を発見したことから始まりました。じっと動かず、何かくるしそうに力んでいる様子。『どうしたのかな?』と思い、静かに動かずにしばらく見守っていることに。すると、なんとその亀が力んでいたのは『なんと産卵する今、その瞬間』であったのです!!!

汗だくになりながら産んだ真っ白な卵は、そのまま掘られた穴の中へ産み落とされ、そしてふたつめ、みっつめ、と次々と亀は力いっぱい卵を産み落としていきます。そして、15個全て産み終わると、あっという間に土をかぶせて行きました。

その産卵直後の亀タンです。(産卵、お疲れ様でした!)
d0107660_1111265.jpg

写真では伝わらないですが、産み落とす瞬間は、足はぴくぴく痙攣しながら、本当に一生懸命な産卵でした。やはり生命の美は素晴らしいですね。

***

『生まれて始めて目の前で見た亀の産卵』というものにいたく感動したキャロル。

***

そんな訳で土曜日だった本日は、その生物自然保護地区でその貴重なテラピン亀の出産についてのセミナーがあるというので、参加してみました。


貴重なテラピン亀についてのレクチャーが終わった後は、実際に亀たんが登場いたしました。
d0107660_1173366.jpg


客員大学教授の手に載った亀タン。
d0107660_1192274.jpg


このテラピンという種類の亀たんは、ここニューヨーク、および東海岸周辺だけに現れる貴重な種類なんだそうです。



亀は100歳まで生きるけれど、死ぬ間際まで卵を産み続ける事が出来るのですって。すごいですよね。


人間よりもはるかに生命力が強そうな、かめたんのお話でした。

やはり、大自然に触れるのは素晴らしいことですね。
[PR]
by karol1 | 2011-07-10 11:14 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

ご存知の方も多いとは思いますが、ニューヨーク市は5つの区から成り立っております。
そして、その5つ区のうちのなんと4つの区は『3つの島』から成り立っているとはご存知でしたか?

一つ目の島は、最も有名なNYのど真ん中、マンハッタン島です。
クイーンズ&ブルックリンは、大きなロングアイランド島の最もマンハッタンより(西)に位置しています。
スタテンアイランドは、名のとおりスタテン島です。
(ブロンクスだけは陸続きです)
従って、四方八方が海に囲まれているのです。

そんなニューヨーク市には、そんな訳で、島と島を結ぶ為にたくさんの橋が掛かっております。
有名どころから挙げてみますと、ブルックリン橋、マンハッタン橋、ジョージワシントン橋、その他にも数え切れない程の橋があるのですね。

そんな橋の上からの眺めは壮大です。
d0107660_14325871.jpg

細長い半島も見えます。
d0107660_1434513.jpg

橋には歩道&自転車・専用車線が設けられていますので、安心です。
d0107660_14364252.jpg

この橋の美しさを見るには、離れた所からご覧になるのがお勧めです。

ちょうど夕暮れになってきて、とても綺麗です!!
d0107660_143878.jpg



こんな景色を見ていると、天国に近い様な気がしてきました。


まるで地上のものとは思えません。


みなさんも、これがニューヨーク市内からの景色だとは、想像出来ますでしょうか?


すっかり癒されました。
[PR]
by karol1 | 2011-07-08 14:40 | New Yorkの街より | Comments(0)