音楽の癒し

皆様こんにちは

まだまだ心配は尽きませんが、皆様元気で過ごされていますか。

震災の後、自分自身が直接被害を受けた訳でもないにも関わらず、とても落ち込み、深く悲しみました。

でもそんな時、私にとって、音楽が最大の癒しになったのです。

節電等で演奏会も自粛の影響があるようですが、少しでも多くの方に安らぎを与えてあげるべく、早く日本全体が復活することを心から祈っています。

***

チャリティーコンサートのお知らせで、新聞に記事が載りましたよ。
d0107660_243948.jpg

今週の土曜日、ロングアイランド音楽院にて、東日本大震災義援金・チャリティーコンサートが開かれます。


たくさんの講師達も演奏して下さる中で、私はフルーティストの小秋さんと共に、フランスの作曲家『ゴーベール』の小品を心を込めて演奏いたします。


音楽の癒しをみなさまにお届け出来たら・・・



それではまた。
[PR]
by karol1 | 2011-03-31 02:11 | メディア関連 | Comments(2)

今日は、職場の上司と共に、ロングアイランド区長のお役所へ出向いて参りました。

そこでは、私の大学が主催する「日本を応援するチャリティーコンサート」の為に、TVやラジオ局のリポーター達が集まりました。そこで区長直々にコンサートの内容を発表すると共に、私達日本人は、様々なmediaから取材も受けましたよ。

d0107660_1041299.jpg

中央には、ロングアイランド区長、左側は大学代表して上司達と、右側には地元の日本人コミュニティ代表者達。

ロングアイランド区長も、私達日本人の事を出来る限り応援したいと、力強く語ってくれました。

遠くからですが、日本を応援しています!

!!!!
[PR]
by karol1 | 2011-03-25 10:25 | メディア関連 | Comments(0)

スーパームーン

昨日は車から見上げたお月様がこれまでの満月よりも本当に大きくて、日本から到着した高校時代の友人とも、すごい大きいね~、と話していたの。

そうしたら、やっぱりスーパームーンと呼ばれる、18年に一度しか見られない地球大接近の満月ちゃんだったのね。
d0107660_1362443.jpg

満月の時は、満ち潮も水の高さが上がると言うから、スーパームーンの昨日はよっぽど水位が上がったのかもしれない。

この地震で地盤がかなり沈んだとか聞いているので、水の被害も心配です。

***

それから、福島50「Fukushima50」と呼ばれる、現場で国民の為に死の恐怖と戦いながら頑張った英雄達に敬意を表したいと思います。

***
[PR]
by karol1 | 2011-03-21 12:50 | Comments(2)

震災から一週間

震災から一週間が経ちましたね。

皆様、その後も元気に過ごされていますか。

まだ余震が続いている様ですが、現在世界中が心配している福島原発も、自衛隊員や現場の方の懸命な努力のお陰で、少しづつ良い方向のニュースが入って来ましたね。まだまだ安心は出来ませんが、彼らの勇気に感激しています。

NYは今日は気温が20度まで上がり、半袖やタンクトップで公園を歩く人達をたくさん見ましたよ。

さて、たくさんの人々が募金活動をしていますが、こちらアメリカの企業も日本への支援をしてくれています。
友人の会社(金融)では、すでに500万円の寄付を行ったと報告がありました。
その友人はペットと子供達に支援をしたいと、個人的に孤児院とペットを保護する団体に義援金を送ったと言っていました。

現在は、日本に居る外国人にはなるべく日本から離れる様に言っている様ですが、この友人は日本の経済復興の為にも、この混乱が収まったら日本に行きたいと言っています。そう言ってくれるのを聞いて、何だかとっても嬉しかったわ。

明日には、高校時代の友人がNYに来ます。楽しみです!
[PR]
by karol1 | 2011-03-19 14:12 | Comments(0)

祈っています

皆さんの懸命な努力で、尚且つ冷静さを失わず、前向きに助け合って生きていらっしゃる皆さんの姿を見ていると、感動で涙が出て来ます。

アメリカ人もそうでない人達も、国境を超えて人種を超えて、毎日たくさんの温かいエールを送ってくれていますよ!

d0107660_15242824.jpg

皆さんの姿に感激しています。

そして、その姿は、世界中の人々に感動と勇気を与えています。
[PR]
by karol1 | 2011-03-18 15:16 | Comments(0)

天皇陛下が異例のビデオメッセージを国民にあてて語られた事は、こちらでも大きく報道されました。

アメリカの報道では、陛下のメッセージも英語に訳されて紹介されるので、
実際に陛下のお言葉が聞きたくて、日本のニュースにやってきました。

その中で、陛下が述べられている以下の二つが、とても心に残りましたので、皆さんとシェアさせてください。


『海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。』

-本当に、そのとおりです。海外では、日本人の震災後も忘れぬ礼節、と外国人をうならせています。


『被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、様々な形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者と共にそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。』

-日本の人々の助け合いの心、相手への思いやりの心は、外国でもたいへん高く評価されています。特に巨大地震+津波という大震災の直後にも、その心を忘れずに国民全員で助け合って懸命に生きている姿には、全世界が感動しています。


これからも応援していますよ。


そして、皆さんの頑張っている姿に感動しています。


がんばれ日本!
[PR]
by karol1 | 2011-03-17 16:01 | Comments(0)

余震はおさまって来ましたか?

皆様、元気にお過ごしですか?


毎日不安な夜を過ごしていらっしゃる日本の皆さんの事を思うと、NYに居ながら、仕事をしながらも、常に日本の事が頭から離れることはありません。

携帯のiPhoneからはメールやニュースの情報が瞬時に入る為、逆に情報が入りすぎて、心配しすぎて、仕事中に気分が悪くなったこともありました。


ニューヨークでは、地震の直後からNHKの生放送が完全無料で見られるようになりました。NYの自宅でNHKの放送が流れていると、一瞬、今日本に居るのかしら?と思ったり。

映像から入ってくる東北地方の津波の被害の映像は、本当に想像を絶するもので、涙無しには見ていられませんでした。


それから、毎日、時間を追うごとに状況が変化する福島原発の状況は、見ているだけで心配で心配で、心が穏やかでは居られません。

ただ、現場で命を掛けて懸命に消火活動をしているワーカーの事は、こちらでも大きく取り上げられています。まるで”戦争の時の神風特攻隊のようだ”、とも表現されていました。


ただし、美談ばかりで事が終わらなくなって来た感じですね。。


米国政府は、原発から半径80キロメートル圏内から避難するように、と米国民には呼びかけています。
ところが、日本政府は、原発から半径30キロ圏内が危険区域となっていて、その政府の見解は、果たして、安全な数値なのかが疑問が残るのです。


何も、米国が言っている事が全て正しくて、日本政府の事はそうでない、と言っているのではありません。


ただ、国民に不安を与えないようにとの配慮から、危険な訳ではない、とか安全であると思っている、と言うのは、後々に被害を受けた人の将来を考えると、本当に心配で居たたまれない気持ちになります。


もちろん、原発の周辺や近くに居る人達の実際の不安は、とてつもないと思います。


だからと言って、私に出来ることは、祈ることのみ。


日本人の力強さを信じています。

***

こちらでは、日本人の素晴らしさ、冷静さ、勤勉さ、そして正確さなどが、毎日英語のニュースでもたくさん、たくさん言われています。


そして、とても誇りに思っていますよ。

***

NYに移住してから14年、日本の事がもっともっと大好きになりました。


私に出来ることから、していきたいと思っています。
[PR]
by karol1 | 2011-03-17 15:14 | Comments(0)

NY時間の金曜未明にメールでの速報が家族から届いて以来、母国の事が心配で、ずっと心が休まりませんでした。

でもさすがは日本ですね。復興への団結力と協力体制は本当に素晴らしいと思います。


海外からも、本当に全世界の人々が、日本の復興に向けての励ましと応援のメッセージを送ってくれていますよ!


それらを聞くと、やはり自分が落ち込んでいてはいけない。何か私に出来る事があるかしら、と思うようになりました。


それとほぼ同時に、上司が大学主催でのファンドレイジングコンサートをしようと思っている、と提案がありました。

事は順調に進み、大学主催でのチャリティーコンサートが4月2日に開催される運びとなりました。

入場料は無料で、そこで集まった寄付金は全額、日本の復興の為に使われます。

もちろん、キャロルも、微量ではありますが、心を込めて演奏させていただきたいと思います。

***

日本の皆さん、まだまだたいへんな時期で、日常生活にも大変な不便をされている方も多いと思いますが、世界中からの愛と勇気と希望のメッセージが届く事を祈っています。


NYより心から応援しています。
[PR]
by karol1 | 2011-03-15 13:28 | Comments(0)

〔812〕 先月の映画

先月はアカデミー賞の発表の月でもありましたね。

キャロルは、最近は映画館に足を運ぶ様になりました。

先月見た2つの映画作品は、どちらも良い作品達でしたので、ご紹介したいと思います。


一つ目は『英国王のスピーチ』(原題:The King's Speech)

”英国史上最も内気な国王ジョージ6世。バッキンガム宮殿に隠された真実の物語”です。

アカデミー賞でも作品賞、主演男優賞、監督賞、そして脚本賞を受賞しました。

今年度のベスト映画とも言って良い作品だと思います。


そして二つ目は『ブラック・スワン』(原題:Black Swan)

アカデミー賞でも主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマン。

ニューヨーク・リンカーンセンターが舞台のこの映画は、ニューヨーカーにとっては馴染みのシーンが数々出て来ます。ニューヨーク・シティー・バレエの公演『白鳥の湖』のスワン姫役をめぐっての、ライバルとの熾烈な争いが舞台。

このナタリー・ポートマンは、バレエダンサーで映画に出ているのか、もともとは女優でいてバレエを踊っているのか、その差が分からない程、見事に『バレエダンサー』になりきっていました。体型もダンサーと全く変わらない程、皮と骨の上半身、鍛え上げられた足の筋肉。そういう印象がとても強かったのですね。

後で聞いてみると、ナタリーは、もともと子供の頃バレエを習っていたそうですが、この撮影の為に、1年前から毎日5時間のバレエの猛特訓を続け、そして元々華奢だった身体を更に絞ったそうです。

さすがに、彼女の体の線からは、女優魂を感じましたね。だって、そう簡単にはバレエダンサーの体型には成れませんって。

***

そして、実生活では、この映画の中で将来のフィアンセに出会います。バレエの振り付けを担当していた方と。そして妊娠、婚約を発表します。(映画で出会うなんて、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットみたいね)

***

先週の、アカデミー主演女優賞を受賞したナタリーは、臨月の服を着て舞台に登場しました。そのふくよかさと言ったら!!

映画の中でのバレエダンサーの体型の軽く3倍にはなっていたと思います!!

人間ってこんなに変われるのね、と驚いてしまいました。

でも本当に幸せオーラがいっぱいで、本当に幸せいっぱいのナタリーでしたよ。

***

そんな訳で、キャロルお勧めの映画情報でした。


映画って良いですよ~


是非、見てね。
[PR]
by karol1 | 2011-03-07 15:06 | Comments(0)

こんにちは、もう早くも3月になりましたね。

お元気ですか。

今日は、思いついて、りんごのケーキを焼いてみましたよ。

表面はカリット、中はもちもちっとして、とても美味しくできましたよ。
d0107660_14472216.jpg

甘さもちょうど良くて、りんごの酸味も良く効いていて、レーズンのほんのり甘さも混じって絶妙のお味でしたよ。

***

そうそう、上の写真のケーキ、少し茶色く見えるでしょ。

これは、『スペルト小麦粉』という古代穀物を使っているからなの。
無農薬で、人工的な品種改良が行われていない為、栄養価が高く、
小麦アレルギー対策としても注目を集めているそうですよ。

キャロルは、アレルギーはありませんが、栄養価の高い物にとても興味があるからです。
お米は玄米(BrownRice)や7穀米(MixedGrain)を食べているし、
パンは全粉穀物(WholeGrain)を食べています。
なので、お菓子作りもスペルト小麦粉(Organic Spelt Flour)です!

***

話は飛びますが、実は、バレンタインデーには、濃厚な生チョコも作りましたよ!

ブランデーをたっぷり入れたら、“お店で売ってる味”になったみたいです。

とってもリッチで美味しい~チョコになりました!

こちらは、友人や、同僚にも差し上げて、大好評でしたよ。

***

オペラ稽古が今週は公演の為にお休みだった為、キャロルは久しぶりに3連休を満喫しておりましたよん。


お家で連休って最高。


すっかりリフレッシュ&リチャージ出来たキャロルでした。
[PR]
by karol1 | 2011-03-07 14:38 | Comments(0)