日本では4月が年度始めですが、アメリカは4月が大学の合格発表の月です。

キャロルの生徒で大学受験を控えている生徒は今年は一人。

その生徒は多芸で多才な高校3年生。
ピアノとフルートを同じレベルでこなしながら勉強も出来るという生徒なんです。

どちらに転んでも良い様に、様々な大学を、様々な科に渡って受験しました。

その生徒がどんな結果が出るか、キャロル的にも楽しみにしていたのですね。

そうしたら、
なんとなんと、
イーストマン・スクール・オブ・ミュージックからオファー(合格通知)が出たというではないですか!

しかもフルートではなくて、ピアノで!! 
(とは言ってもMusic Education学部ですが)


キャロル的に言っても、『ちょっと、素晴らしい結果でない!』と、感激です。


全米の大学ランキングを調べてみると、音大部門では

1位(タイ):ジュリアード、インディアナ大学、
3位:イーストマン

となっているではないですか!


王者ジュリアード、インディアナの次ですからねえ。イーストマンと言えば全米でもとても有名な音大です。


しかも、教育学部(MusicEducation)で見ると、イーストマンが全米で1位!!


これまで、教えてきた成果が実った様で、
本当に嬉しいです!
[PR]
by karol1 | 2009-04-30 13:03 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

今日と昨日の二日間に渡って、キャロルの務める大学が審査を受けました。

審査を行ったのはNational Association of School of Music 〔NASM〕/ナショナル・アソシエイション・オブ・スクール・オブ・ミュージックです。

うちの大学はSUNY Old Westbury(ニューヨーク州立大学)と提携をしていますが、こんどは音楽大学として認定してもらうようにしている所なのです。

という事で、二日間に渡ってうちの大学を隅から隅まで審査しに参りました。


今日で審査が終了しましたが、素晴らしい反応を頂きましたです。


ちなみに、月曜日に審査を受けたキャロルのクラスとは聴音と初見のクラス〔EarTraining/SightReading〕です。
授業が終ってから審査官の方(教授)とお話する事が出来たのですが、その教授に
『聴音のクラスで生徒から笑顔が出るというのは、他のたくさんの大学を視察してきても非常に稀な事である』、と感想を頂きました。


実は、朝のミーティングの時点で、審査官の方とお話する機会があって、自己紹介をした時に『ピアノと聴音を教えている』と名乗ったら、目の色がキラっと変わって
『私達は聴音のクラスにとても興味があります』と言われたのです。


そんな訳で『とても重要なクラス』を受け持ってしまっているらしい、と気がついたキャロルは、かなりそれからプレッシャーを感じていたのです。


でも想像以上に上手く行った様でとっても嬉しいです!!
[PR]
by karol1 | 2009-04-29 14:10 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

セントラルパークからの写真をお届けです。

まずはシープメドウ。
d0107660_2331493.jpg

続いては噴水広場。
d0107660_2331294.jpg

銅像も建っています。
d0107660_2332692.jpg

ボートハウスから貸し出されるボート達。
d0107660_23325332.jpg

さて、望遠鏡を立てている人々はバーダー達です。(バーダーとは鳥を観測する人々のこと)
何を観測しているかというと、『レッド・テイル・ホーク』:鷹を観察しています。
d0107660_23332890.jpg

この写真の真ん中のビルディングの最上階にある3つの窓の真ん中の窓、その上に『鷹の巣』があるのです。
d0107660_23335788.jpg

キャロルはこの日、巣から飛び立つ鷹と、獲物を仕留めてそれを食べる鷹くんを見ることができました!


実はキャロル、この日は初めて一人でバードウォッチングに出かけ、3種の新しい鳥を観測することが出来たの。

More
[PR]
by karol1 | 2009-04-23 23:32 | New Yorkの街より | Comments(0)

〔598〕 桜

NYもようやく春の気配がやってきました。

先週の日曜日に久しぶりにセントラルパークへ。

見事に桜が満開でした!
d0107660_2244553.jpg

他の木はまだつぼみなものも多く、そんな訳でピンクが目立っていましたよ。
d0107660_2245211.jpg

穏やかな日曜日でした。
[PR]
by karol1 | 2009-04-23 02:26 | New Yorkの街より | Comments(5)

〔597〕 受賞

先週、いくつものコンペティションの伴奏をしてきたキャロル。

その中の一人が、 優勝! したのです!!

『Morgan Park Young Artist Competition』 モーガンパーク・コンペティション。

このコンペティションはキャッシュプライズの他に、夏のサマーフェスティバルの野外コンサートに出演出来るのです。野外コンサートだと言うので、今から楽しみです!


もう一つのコンペティション『New York Music Competition for Young Artist』では、2位!の報告を。

1位と2位の受賞者はカーネギーホールで演奏が出来るというプライズでした。
なのでキャロルも一緒にカーネギーで弾いてきます。
5月5日夜8時より。


そんな訳で、嬉しい報告がたくさんあった先週一週間でした!


写真などは後日にね。
[PR]
by karol1 | 2009-04-21 09:52 | 普通の日記 | Comments(0)

〔596〕 今日は

今日はこれからコンペティションの伴奏です。

一日中伴奏デーになりそう。

メンデルスゾーン&モーツアルト、ラロなどの今日のレパートリーが頭から離れない!

今から出かけてきます。

ではでは。
[PR]
by karol1 | 2009-04-16 22:46 | 普通の日記 | Comments(0)

〔595〕 明日は

久しぶりの日記になりました。

明日は、キャロル、教授にレッスンを受けに行って参ります。

教授レッスン、先月のロシア人教授に続く第二弾は、ニューイングランド音楽院&マネス音楽院のRosembaum教授です。

報告は後日に。
[PR]
by karol1 | 2009-04-15 12:31 | 普通の日記 | Comments(0)

毎週土曜日のオペラ稽古『ファウスト』も、順調に進んでおります。

そんな中で、先日、素晴らしい再会がありました。

准主役のソプラノ歌手、ジュリア。

なんと、その昔、キャロルが教鞭を取っていたニューヨーク大学(NYU)での、教え子だったのです!!!
d0107660_117694.jpg

彼女は現在、NYUのオフィスでフルタイムで働きながら、なんとメトロポリタンオペラ劇場のエキストラコーラスとして舞台に立つ実力派。
d0107660_11112278.jpg

(↑写真は彼女のWebページより拝借。メトロポリタン劇場の公演にて。彼女がコーラスとして出ています。上から3段目、左から2番目が彼女)

ファウストオペラでも『Sieble』役で、それはそれは素晴らしい歌声を披露してくれています。


それにしても、約10年ぶりの再会。

大学では計4年間の間に、何百人という生徒を受け持った中でも、やはり優秀な生徒というのは覚えているものですね!

それにしても、こうして昔の教え子が、立派に成長してくれている姿を見ると、本当に嬉しいです。



オペラって数々の出会いがあるから、本当に楽しいわ!



★実は、今日、夏のオペラ集中プログラムにピアニストとして正式な招待状が届きました!

今からわくわくです。
[PR]
by karol1 | 2009-04-07 11:10 | 仕事/音楽関連 | Comments(2)

ここの所ずっと雨が続いていたNYですが、日曜日は晴天に!

朝からレコーディングスタジオで録音の伴奏を終らせ、友人とアイリッシュパブでランチ。

それからアフタヌーンのコンサートに出かけ、その後は公園を散策。
d0107660_10543888.jpg

ハドソン川を見渡せる絶景の場所でゆったり。

久しぶりに、パーフェクトサンデーになりました。


キャロル、すっかりリフレッシュです。
[PR]
by karol1 | 2009-04-07 10:58 | New Yorkの街より | Comments(0)

Facebookで『あなたはどの和音が当てはまるでしょう?』テストをやってみました。

結果は⇒『メイジャーコード』(日本語では長三和音のこと)

Karol took the What musical chord are you? quiz and the result is 『Major Triad』
d0107660_10333773.jpg

You are the basic chord. You have a wide potential, and can do okay in almost every situation. You are generally light and happy, easygoing, and uplifting. Possibilities: C E G, F A C


要するに、基本的にどこでもどのシチュエーションでもやっていける性格を意味しているようです。
[PR]
by karol1 | 2009-04-01 10:38 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30