〔512〕 オペラ稽古

9月から始まったオペラ稽古も、11月の本番を前に佳境に入ってきています。

いつも長いリハーサルが、今週の土曜日からは『通し稽古』ということでさらに長くなりそうです。

10月は、毎週オペラの先輩ピアニストとリハーサル前の『朝練』をしていたのですが、そうも言っていられなくなりそうです。なにしろ、力を温存しておかないと、6時間の稽古で集中力が持たないからね~。

写真は先週の土曜日の『稽古』より。

演出家がステージに上がってびしばしと指示が飛びます。
d0107660_1054374.jpg

プリンシパルと演出家との細かい話し合いの間も、コーラスの人々はずっと立ちっぱなし。(6時間)
d0107660_1072172.jpg

オペラのことを全て知り尽くしているという『プロンプター』役と指揮者が細かい所を話し合っているところ。
d0107660_1093496.jpg

長いオペラ稽古が終わると、さすがに疲れ果てて、夜はこういうものが欲しくなったり。
d0107660_10105279.jpg

でも、今週の稽古は『通し稽古』なので、楽しみです!
[PR]
by karol1 | 2008-10-30 10:12 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

普段、あまりレストランなどを利用しないキャロルは、ひたすらホームメイドクッキングです。

そんな人達の見方は『グリーンマーケット』。新鮮なお野菜やお魚、そして乳製品まで揃ってしまう。

今日お届けするのは、おいしい乳製品達です。
d0107660_027103.jpg

ひだりから、ピーチ・ドリンクヨーグルト、オールドファッション・ジンジャーアイスクリーム、無塩バター、後ろにあるのが卵たち。

先日は、大きなサイズのヨーグルトを試してみたらこれまた美味しいの!

チェルシーマーケットで購入できます。

おいしいのって幸せね。
[PR]
by karol1 | 2008-10-30 00:29 | 普通の日記 | Comments(0)

〔510〕 NYの青空

昨日の日曜日は素晴らしい晴天でした。

見て、この鮮やかな青い空の色!
d0107660_1201793.jpg

撮影日:10月26日
撮影場所:ミッドタウンウエスト(34丁目あたり)

いきなり目の前に花嫁&花婿が歩いて行きました。
すごい迫力です(笑)
d0107660_1223425.jpg


今日のDVD録音はなかなか上手く行ったかな。
とにかく録音というのは集中力が必要ね。
伴奏だから、こちらが足を引っ張るような事があってはいけないし。


ところで、明日は今日とは打って変わって雪混じりの大雨になるそうですよ。
雪ですって!?

山にハイキングに行ったら、どれだけ寒いことになるのでしょうか。


日曜日には行く予定ですよ!
[PR]
by karol1 | 2008-10-28 12:05 | New Yorkの街より | Comments(0)

10月に入ってすっかり秋もふかまってきたNYですが、ちょうど1ヶ月前に撮った写真が残っていたのでお届けです。

撮影日:9月21日
撮影場所:5番街
d0107660_23343644.jpg

同日、カーネギーホール前にて
d0107660_23352594.jpg
d0107660_23355478.jpg


さすがNYは早足で歩くという感じが分かります?そう、歩幅のステップが大きいのです。


さてキャロルはというと、今晩、DVDの撮影があって、その為の練習中。
かなりラストミニットですが。。 

何気に、DVD撮影って緊張しますよ。なにしろカット&ペーストが出来ないからミスできないし。
[PR]
by karol1 | 2008-10-27 23:39 | New Yorkの街より | Comments(0)

〔508〕 無題

今現在、用意しなければいけない曲を並べてみました。
キャロルが弾くのは全てオーケストラパートですが。

あくまで今日の日記はひとりごとです。
リストアップしないと、頭の整理がつかなそうなので。
とりあえず、明日はオペラ稽古なので、寝ます。

〔ピアノ編〕
リスト・ピアノコンチェルト
グリーグ・ピアノコンチェルト
ショパン・ピアノコンチェルト

〔ヴァイオリン編〕
ラロ・スペイン交響曲

〔フルート編〕
モーツアルト・フルートコンチェルト
シャミナイド・フルートとピアノの為の曲
プーランク・フルートソナタ(1楽章)

〔オペラ編〕
ドニゼッティ・ルチア
プッチーニ・ジャンニスキッキ

〔オーケストラ編〕
ストラビンスキー・火の鳥

これが結構たいへんかも。。

日曜日はお天気が良さそうだけれど、この分だと一日練習デーにしないと間に合わないかも。
せっかく紅葉が一番美しい時期だというのに!!!

でも一緒に音楽を作り上げていくのはとっても楽しいから、かなり高いモチベーションです!


時間が出来たら行きたいと思っているところは、りんご狩り、紅葉を見に、アップステイトにハイキング。紅葉シーズンはもうあっという間に終わってしまうから、来週あたりを狙ってみます!
[PR]
by karol1 | 2008-10-25 12:22 | 普通の日記 | Comments(0)

〔507〕 秋の風景

秋のNYは、雲ひとつない快晴の週末でした。そして気温も下がっています。

とっても素敵な写真をWebで見つけたのでお届けです。
d0107660_1495162.jpg

Washington Park in autumn
Submitted by: Hank Bickel
Photo Date: 10/15/2008
Subject: Fall Foliage Other
Photo Location: Albany, NY

雲ひとつない晴天とはこの空の色のことを言うのね。


紅葉が綺麗に始まっているNYです。


~ちなみに、今週一週間のNYの気温は最高気温15℃、最低気温4℃となっております~
[PR]
by karol1 | 2008-10-21 14:18 | 見つけた写真達 | Comments(0)

リンカーンセンターにあるメトロポリタンオペラ劇場のことを『メット』と言います。

その空間に入っただけでも、オペラに来た甲斐があると感じる一瞬です。

入り口中央のレッドカーペットの螺旋階段。
d0107660_1201018.jpg

天井のシャンデリア。
d0107660_1203512.jpg

入り口にあるシャガールの絵の前にあるシャンデリア。
d0107660_1212562.jpg

オペラにはいろいろな種類の鑑賞の仕方があります。
優雅な気分でゆったりとオペラを楽しむ。又は勉強の為にスコアを見ながら指揮者とオーケストラパートを熱心に追う。
そんな後者の人の為の安い席がここ。机もあって、スコアも貸し出してくれるのだとか。
d0107660_123198.jpg

公演が終了した時にはもうミッドナイト。人の波が螺旋階段を覆います。
d0107660_1284330.jpg

オペラ劇場でした。
[PR]
by karol1 | 2008-10-21 01:23 | New Yorkの街より | Comments(0)

〔505〕 ルチア

先週末に行って来たメトロポリタン劇場での公演 『ルチア』 よりワンショットをお届けです!
d0107660_2473852.jpg

この公演、本当に素晴らしかったです。

英語で表現するとWonderfulを越えて『Stunning』という感じかな。

ちなみに『Stunning』とは:very impressive or attractive (Oxford Dictionaryより) という意味です。本当に素晴らしかったという時に使う最高の表現方法です。

たとえばドレスアップして現れたとき、『You look stunning!』 (あまりに綺麗で圧倒されたよ!)みたいな感じで表現されます。


さて、キャロルはまた今週末も『オペラ』漬けです!
[PR]
by karol1 | 2008-10-18 02:48 | 普通の日記 | Comments(0)

日米で同時の3連休明けの本日、14日ですが、今朝はいきなりキャロルの住むビルの内廊下からすごい音が聞こえてきました。

『メリメリメリ』『バキバキ』『ズドーン』

何事が起こったのかと思いましたが、ドアーを開けてみて、その豹変ぶりにびっくり!!

廊下の壁紙が全て剥がされ、天井についているランプも剥がされ、『裸電球』になっているではないですか。

まるで『ゴーストタウン』のようです・・・
d0107660_1340725.jpg

壁紙が剥がされ、セメント状態になっているのと、ライトが裸電球になっているのが分かりにくいようでしたら、写真の画質を変えて撮ってみました。

これだとリアルにご覧いただけますか?
d0107660_13402679.jpg

エレベーターに張り紙がしてありました。

『今日から廊下の壁の工事に入ります。終わるまでに数ヶ月を要します。』


数ヶ月って・・・ 年末まで掛かるということかしら??


という訳で、キャロル邸にお越しの際は、廊下が『ゴーストタウン』化されているので、充分にお気をつけくださいませ。
[PR]
by karol1 | 2008-10-15 13:38 | キャロル邸より | Comments(0)

昨夜から今日までは、ユダヤ人の断食日。

この間24時間は、断食です。

昨夜、職場から帰宅したら、うちのビルのエレベーターの中にいきなり『ボタンを押してくれる人』:(エレベーターボーイ?)が出現。(って、いつものドアマンの一人なのですが)

キャロル『あら、今日はいきなりエレベーターボーイをやっているの?』

エレベーターボーイ『あと数時間はね。ユダヤ人達がシナゴークから戻ってくるまで居ないといけないんだよ』

キャロル『彼らは自分でエレベーターのボタンを押さないの?』

エレベーターボーイ『今夜と明日は、ユダヤの人々は電化製品に触れてもいけないんだよ』

キャロル『まあ!』


***


という訳で、エレベーターのボタンも押せない彼らというのはすごいですね。


***


ところで、今日のキャロルは、中間実技試験の審査で朝から大学入り。
こんなユダヤの祭日に実技試験をやる学校もすごいな、と関心したところでしたが、うちの学校、全く持って普段と変化はまるでなしでしたわ。
[PR]
by karol1 | 2008-10-10 11:58 | 普通の日記 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。