先週末でようやくコンペティションが終わったら、今週から大学の新学期が始まっており、そして昨日はファカルティーコンサートがありました。

場所はロングアイランド、ポートワシントンにあるプライベートゴルフクラブです。
d0107660_0553641.jpg

それこそ広大な敷地を誇るプライベートゴルフクラブ。見渡す限りの整った芝生が続きます。
d0107660_113458.jpg

会場はすでにセットアップが整えられていて、美味しそうなケーキが並びます。
d0107660_125865.jpg

ケーキをアップで。
d0107660_14210.jpg

コンサートが始まりました。トップグループはヴァイオリンとギターのトリオ。
d0107660_153830.jpg

次に私達のトリオ、その後にもオペラデュエット、ヴァイオリン等の演奏が続きます。

約2時間のコンサートを終え、レセプションでのひとこま。
d0107660_182958.jpg

音楽を通じてのこうした触れ合いってステキですね。
[PR]
by karol1 | 2008-08-28 01:05 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

今年も昨日まで熱い夏のイベント(サマーフェスティバル&コンペティション)がようやく終わったと思ったら、もう週明けから大学の新学期が始まります。(休む暇もなし?)

ある新聞の記事を読んでいたら、今年の米国の大学のランキングが発表されていました。

第一位はハーバード大学
第二位はプリンストン大学
第三位はイエール大学
そして第四位はマサチューセッツ工科大学(MIT)と続きます。

More
[PR]
by karol1 | 2008-08-24 09:23 | 普通の日記 | Comments(0)

〔484〕 夕日

ひさびさにキャロル邸からの夕日でございます。

今日の夕日は本当にあざやかな『オレンジ色』+『真っ赤』な夕焼けでした!
d0107660_842145.jpg

太陽が沈んでからもかなり長い間、この鮮やかさが続いていましたよ。
d0107660_112374.jpg

この色、なかなかですよね~!
d0107660_8472943.jpg

夕日を見ると、疲れが取れるようで癒されます~
[PR]
by karol1 | 2008-08-23 09:29 | キャロル邸より | Comments(2)

今日は州立大学のキャンパスの大ホールにて、アワードセレモニー&受賞者演奏会が行われました。

それにしても、コンペティションの結果発表ってどきどきするものですよね。
自分はステージ上で、アワード(賞状)を差し出す役をしていたので、呼ばれる人達の表情がステージ上から見れてそのどきどきが伝わってきました!

受賞者演奏会では
『弦楽器部門1位』 
の伴奏で演奏しました。 - シベリウスのヴァイオリンコンチェルトです。

そんな訳で、今年はずっとステージ上に居たもので、写真は自分では撮れなかったのが残念。
学校の壁に飾られる写真の中にきっと小さく登場していることでしょう。

最後に、この2週間、伴奏者同士として助け合ってきた同僚のヴィオレッタと。
d0107660_1173117.jpg


見事グランプリを獲得したのは中国人のヴァイオリニスト。まるでランランのようでした。
賞金額はなんと7000ドル!!

プラス、2.5ミリオンドルのストラディヴァリウスをスポンサーが2年間贈与してくれることが決まったそうです!!!!! 

日本円でいうと約3億円近い楽器ということになります。

夢の様な話ですよね。

~~~~~~

最後に、下にグランプリ受賞者のYouTubeの映像を載せてみました。↓

↑この若きヴァイオリニストが名器ストラディヴァリウスを持つことになるのです!
[PR]
by karol1 | 2008-08-22 13:21 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

白熱した演奏が繰り広げられている我が大学主催のコンペティション。今日はいよいよ審査の最終日となりました。

初日はピアノ部門、2日目は弦楽器部門と続き、最終日の今日は声楽と管楽器部門です。

ここまで来ると、昨日の長時間の審査を終えた審査員達からも笑みがこぼれてきます。

今日の審査員での記念撮影~
d0107660_8464036.jpg

明日はいよいよ大学キャンパスでの大ホールにて、華やかな『アワードセレモニー&受賞者演奏会』が行われます。

今年で5年目を迎えたこのコンペティション。
キャロルは公式伴奏者として、今年はもしかしたら 『優勝者』 と共に舞台で演奏が出来るかもしれない!!と今からわくわくしております。

~~~~~~~

*それにしても、演奏するとエネルギーを使うから、とってもお腹がすくのね。それでもりもり食べていると、実はエネルギーを使っているようでエクササイズはしていないから身体がむくむ感じ。今からでもジョギングに行ってこようかしら、と思っているキャロルでした。

*ジョギング!と思っていたら、明日別の本番の為のリハーサルの為の譜読みをしなければいけない事を思い出した!・・・音楽家はこうしてエンドレスです。

~~~~~

↑そんな葛藤を経て、でもちゃんと両方やりました。夜にジョギングしてから明日の譜読みを夜中に。
[PR]
by karol1 | 2008-08-21 08:49 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

先週一週間は音楽祭ウィークと題して、毎日マスタークラスが行われました。

ヴァイオリンのマスタークラスでの記念撮影より。
d0107660_10285961.jpg

皆さんラフな格好で、和気藹々とした雰囲気です。

中央がアルベルト・マルコフ氏(ヴァイオリンの先生)を生徒達が囲みます。

キャロルはアカンパニストとして参加しております。


*写真、及び記事は先週に撮られたものです。
[PR]
by karol1 | 2008-08-20 10:29 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

今週はコンペティションウィークと題して、日々激戦が繰り広げられています。

昨日(月曜)がピアノ部門で、今日(火曜)は弦楽器部門。 

今年で第5回を迎える我が大学主催のコンペティションですが、毎年レベルがどんどん上がっているの。今年は昨年を更に上回る激戦が繰り広げられました。

昨日のピアノの審査が終わった後は、雑談もなく解散になったのですが、
今日の弦楽器の審査が終わった後、長時間の審査を終えた審査員達、ステージに集まってきました。さすが、ピアノ科と雰囲気が違います。(ノリが良い?)ついでに集合写真を撮ってみたり。
d0107660_10435989.jpg

今年も公式伴奏者を務めたキャロル。

今日いちにちで弾いた曲は、
シベリウス・ヴァイオリンコンチェルト、
チャイコフスキー・ヴァイオリンコンチェルト、
ブルッフ・ヴァイオリンコンチェルト、
ハイドン・チェロコンチェルト、
テレマン・ヴィオラコンチェルト、
ワックスマン・カルメンファンタジー、
ヴィヴァルディ・チェロソナタ、
シューベルト・アルペジオーネ(ヴィオラ)、
タイス・メディテーション、
(順不同)

それが終わったら明日の為のリハーサル。
とは言っても、さすがにエネルギー切れでしたが。

~~~~~~~~

今年、嬉しいことは、キャロルの伴奏した参加者が今年はかなり1位も含めて入賞者がかなり出そうな予感がすること。058.gif

結果発表は大ホールにて木曜日にアワード・セレモニー&受賞者演奏会と続きます。072.gif
[PR]
by karol1 | 2008-08-20 10:10 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

オリンピックも盛り上がっているようですね。

この夏はキャロルはオリンピックは見れずに終わりそうですが、日本人の活躍は文字で見ています。(Yahooニュース等でね)

ところで、キャロル邸のホーム電話番号が変わりました。

明日から90日間は、新しい番号のお知らせが流れるそうですが、引っ越した訳ではないので驚かないでください。

新しいIP電話というシステムを導入してみたのです。

古い番号をそのままトランスファーしようと思っていたのですが、たまには番号を変えてみるのも新鮮で良いかと。

そういう訳で、今後ともどうぞよろしくです。
[PR]
by karol1 | 2008-08-18 22:50 | Comments(0)

現在、キャロルの勤める大学主催の音楽祭が行われています。

今週は、ゲストの教授によるマスタークラスでハイレベルな演奏と指導が毎日続きます。

キャロルは専属伴奏者のひとりとして参加しているのだけれど、舞台で演奏するのってやっぱり大好き。
本番で弾いているとどんどんと自分が生き生きと輝いてくる。そんな感じね056.gif

でもね、裏ではいろいろとあるんです。

〔ここからはひそひそ話ネ〕

同僚で伴奏を担当しているもうひとりのピアノの先生が、今日、マスタークラスの途中で突然『私、この曲、今日弾かないから。だからあなた弾いてちょうだい』(私に向かって)と言うでないですか。というか、もうマスタークラスは始まっているし、その人の順番はあと数十分でやってくるのですよ。この場において『私、この曲は弾かないから』←その人が担当になっていたはずなのに、なんて考えられないですよね。

どうやら、彼女自身、昨日の演奏に納得がいかなかったようで、私に初見でさせて恥をかかせてあげましょう、ということなのかしら?

でも、このキャロル、平然とした顔して、舞台で弾きましたです。
やるしかないでしょう。彼女は頑固なので自分が『やらない』と言ったものは絶対にやらないでしょうから。
曲は難局のひとつとされているワクスマンのカルメンファンタジー。(もちろん楽譜はその場でもらったばかり)

もうこうなってくると、舞台裏では伴奏者どうしの『初見大会』コンペティション状態です(笑

でもね、こういう大舞台には慣れているキャロル、
おもいっきり楽しんで演奏したの。
だって楽しまなきゃ人生ソンしている気がするのだもの。
こんな大先生の前で演奏できるなんて!という思いでね。

そうしたら大成功~!060.gif

直前で私にこの伴奏を投げつけて(?)来た同僚も、さすがに終わったら「あなたの演奏良かったわ、いつどこで練習したの?」ってお褒めの言葉をいただきました。

これで伴奏者対決も終止符が打たれたかな。

それにしても、彼女も気が強いけどそれに負けないでクールでいられる自分も気が強いってことなのかな?なんて思ってしまったわ。でもこういう状況でも自分の力を100%またはそれ以上発揮するのって、やっぱり気が弱くては負けてしまうもの。

~~~~

そんな訳で、
伴奏という職業は、一見地味に見えるけれど、実際は激しく実力を必用とするものでした。
なにしろどんな状況でも対応できる能力が要求される仕事ですから。


マスタークラスは今週末まで続き、
来週はコンペティションウィークが続きます。


またのちほど。
[PR]
by karol1 | 2008-08-14 15:07 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

アップステイトのドライブは湖あり、川あり、そして山越えありと様々な表情を見せてくれます。

着きました~、見晴らしが良いです~
d0107660_11143583.jpg

ここは山のほぼ頂上に位置するアイスクリーム屋さんなんです。
d0107660_11153995.jpg

アメリカ人はみ~んなアイスクリームが大好き。

こうして山の頂上で食べるオールナチュラルのアイスクリームの美味しさは格別です。
d0107660_11165933.jpg

ここのアイスクリーム屋さん、大繁盛です。
d0107660_11174386.jpg

まるでイギリスのコッツウォルズをドライブした時の様な景色でした!(羊は居なかったけれど)←コッツウォルズは羊がた~くさん!!
[PR]
by karol1 | 2008-08-12 11:18 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。