ニューヨーク州の中心は『マンハッタン』。でも子供が就学する頃になると、住みやすさの点で郊外を選ぶ人も多いです。

キャロルが勤めるロングアイランドで良い学区域として有名なのが、
『マンハセット』、『ロズリン』、『ジャリコ』です。
この地域はつねに人気度N0.1のエリアです。

この高級住宅地『マンハセット』に住みたい場合、どのくらい内訳が必要なのか、をご紹介したいと思います。

まずマンハセットで一軒屋を買いたい場合、最低でも億は必要でしょう。ちなみに現在売り出し中の彼女の家は約2億円。

そして、その家を持った場合、当然ながら税金(固定資産税)が掛かってきます。その税金がロングアイランドは高いと言われているのは知っていましたが、その中でもマンハセットだけはダントツに額が上なのだとか。
ちなみに、いくらだと思います??

年間23.000ドルだそうです。ピント来ませんよね、日本円で言い換えましょう。
ずばり、250万円です。 一年間の税金だけでですよ。

それだけではありません。家を持つと、管理費が掛かります。このエリアにはゴージャスな屋内、屋外プールやサウナが付いていて、もちろんそれには経費が掛かります。それからこのタウンの入り口にはセキュリティー付きのゲートがあるので、そこの人件費も掛かります。
いつもモデルハウスの様に綺麗にしてある芝生や植え込みの手入れにだって、経費が必要。

そんな管理費は年間1万ドル(100万円)なり。

という訳で、まとめてみると、
家のローン、2億円
税金、年間250万円
管理費、年間100万円

が必用になって来ます。

公立学校は無料とは言っても、それだけ払っていることになる訳ですよね。


追加:1

ところが、
キャロルが疑問に思うのは、
『このエリアに住んでいながら子供を私立に入れる親というのは、一体どれだけのお金をもっているのか!!』
ということ。

アメリカの私立は幼稚園からだって年間何百万円もするのですよ。
アメリカは大学の学費だって年間300万~500万円しますから、小学校でも同じなんです。

こういう人達は一体どうやって、どれだけの稼ぎがあるのだろうか、という所は、キャロルにはあまりにも未知の世界であります。

追加:2
[PR]
by karol1 | 2008-07-30 13:26 | 普通の日記 | Comments(0)

週末は、ロシア語オペラ、チャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』を見てきました。

ロシア語のオペラは、本当に『ロシア』の雰囲気たっぷりです。
イメージはこんな感じ↓
d0107660_09399.jpg

(Wapediaより引用)

プランしていたカヤックdeハドソン川ツアーですが、日曜日起きたら雷雨。。。の為中止になってしまいました。 また次の機会に!


皆様、猛暑だそうですが、夏ばてには充分お気をつけください。
[PR]
by karol1 | 2008-07-30 00:15 | 普通の日記 | Comments(0)

ここ、ハドソン川から見えるのは自由の女神と右はエリス島です。
d0107660_17191446.jpg

このハドソン川を、カヤックで下るツアーが週末にあるというので、参加してみたいと思っています。

往復3時間のコースらしいですよ。自由の女神までもカヤックで行ってきます!

早朝に集合なので、朝食摂取はMustですね。

ちなみにカヤックとは・・
(Wikipediaより借用)
d0107660_17295561.jpg








晴れるといいな~
[PR]
by karol1 | 2008-07-26 00:45 | New Yorkの街より | Comments(0)

週末は自然に触れてリラックス出来たものの、月曜日からは普通どおりの忙しさで、すっかり疲れました~

でもね、もう早くも週末がやって来ようとしています!(明日の金曜日はオフ!)
と思うと、寝付けないでございます・・・(現在金曜朝4時なり)

ついでに、早くも新学期(9月)のスケジュールを組もうと、頭を巡らしていたら、すっかり目が冴えてしまいました。。

目の保養に、ファイアー島のビーチからのちいさな白い貝殻達をお届けです~
d0107660_1713315.jpg

白い砂浜のビーチなんですよ~
[PR]
by karol1 | 2008-07-25 17:13 | 普通の日記 | Comments(0)

島での滞在もあっという間に過ぎ、もうマンハッタンに戻る頃になりました。
d0107660_8384013.jpg

帰りのフェリーは夕日が燦燦と照っています。
d0107660_83972.jpg

島に向かってばいば~い。
d0107660_8393395.jpg

あまりにも綺麗だった白い砂浜のビーチからのお土産で、プレートを作ってみました。
d0107660_8395577.jpg

気が付いてみると、島ではほとんど写真を撮らなかったなあ。。(フェリーばっかりね)

おわり。
[PR]
by karol1 | 2008-07-25 14:24 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

ファイアー島に到着です!
d0107660_8451271.jpg

このわくわくする感じ、伝わるかな~?
d0107660_8453626.jpg

とっても早起きして、始発の電車と始発のフェリーを乗り継いで来たので、まだ朝も早いのでとっても静か。
d0107660_846538.jpg

フェリー乗り場からはこんな感じで遊歩道が続いています。
d0107660_846394.jpg

遊歩道を歩いていくと、海からボートでやってくる人々と出くわしたり。
d0107660_847790.jpg

なんて平和なひと時なんでしょう~~~!
[PR]
by karol1 | 2008-07-24 08:47 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

ファイアー島へは、フェリーで行きます。ここがフェリーの出発地です。
d0107660_193990.jpg

私達は一番前の座をゲット。すぐ前がクルーです。
d0107660_1101416.jpg

いざ出発~!
d0107660_1104857.jpg

ファイアー島の別の都市へのフェリーがたくさん出ていて、キャロル達のすぐ前にもフェリーが。
d0107660_1115083.jpg

いよいよ大西洋に繰り出します~
d0107660_1121664.jpg

フェリーの乗客達。さすがに船はすごい風で、キャロルも帽子が吹き飛ばされないようにするので必死でした。
d0107660_1141562.jpg

上にはアメリカの国旗が風いっぱいになびいています。
d0107660_1144219.jpg

ここから約30分でファイアー島に到着します。 

たのしみだわ~
[PR]
by karol1 | 2008-07-22 12:46 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

週末は、小旅行でファイアー・アイランドという美しい島へ行ってきました。

d0107660_1231225.jpg
このファイアー・アイランドは、東西50kmにも続く細長~く、アメリカ国内でも数少ない全く車が入り込めない島です。陸地との交通手段はフェリー。島の中は徒歩。その他、ウォータータクシーもたくさん出ています。それから、上の写真の様に、たくさんの自家用船も並びます。

さすがに島全体が国のナショナル・シーショア(国立海浜公園)に指定されているだけあり、ヘブン(別世界)の様な島でした~。


続きの写真は次回にお届けです!
[PR]
by karol1 | 2008-07-21 12:31 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

アメリカは6月の第4週から8月の終わりまで、長い夏休みに入ります。

その間の過ごし方は、家族様々。
様々なヴァケーションに行く家族や、泊り込みキャンプで8週間もの間、山の中の大自然で過ごす子供達や、夏季講習などのサマースクールで朝から毎日勉強、という人から、色取り取りです。

そんなキャロルは、というと、夏季講習でしっかりクラスを受け持って教えています。
担当するのは、夏休みの間もお勉強、という熱心な親御さんを担当。

そんな中で、一足先にカルフォルニアにヴァケーションに行って来たという生徒さんから、旅の写真が送られてきました。子供達、3人ともキャロルの生徒なのですが、とってもステキな表情をしているのが良いですよね~
d0107660_15145742.jpg

カルフォルニアのディズニーランドにて。
d0107660_15155541.jpg

お決まりのグーフィーとミニーちゃん。
d0107660_15161083.jpg

スウィートなチップとデール。
d0107660_15162581.jpg

こちらは幼稚園を卒業したばかりのスティーブンくん。ピアノも最近始めたばかりです。
d0107660_15164283.jpg

ファミリーヴァケーション写真って、ほのぼのしていて良いわ~
[PR]
by karol1 | 2008-07-17 09:19 | 旅行編/アウトドアー | Comments(0)

〔459〕 船着場にて

マンハッタンは島である為に、ハドソン川沿いにはたくさんのピア(船着場)があります。

ここはダウンタウンのピア。いかにも夏っぽい雰囲気?
d0107660_1272822.jpg

船上パーティーも盛んに行われたりするのが、ニューヨークの夏。
d0107660_1275840.jpg

こちらは夏、真っ盛りです!


P.S.
日曜日のコンペティションの結果が出て、なんと2位になったそうです!
1位と2位の生徒がオーケストラと共演できるそうで、晴れて共演資格ゲット。060.gif
しかも、ジャッジの先生方が伴奏をとても評価してくださったそうで、私としてはさらに嬉しい!
そんな訳で、夏だというのに週7日ペースで仕事していますが、こういうお言葉を頂くとエネルギーが沸いてくるキャロルでした。001.gif
[PR]
by karol1 | 2008-07-16 10:28 | New Yorkの街より | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。