連休だった先週末は、アップステイトに行ってきました。
d0107660_13193147.jpg

↑これはハドソン川。 

この海みたいに広い川で、カヌーを漕いだりして、大自然を楽しんできたキャロル。
d0107660_13213885.jpg

↑この左側に見える山側の頂上へ。

そこからの景色は、息を呑む様な絶景でした!
d0107660_13225058.jpg

やっぱり大自然は良いわ~

これ、NYなんですよ。 

大自然がすぐそこにあるのがアメリカです。
[PR]
by karol1 | 2008-05-30 13:23 | 旅行編/アウトドアー | Comments(2)

〔429〕 夕日

マンハッタンに沈む夕日がとっても素敵だったの。
d0107660_12475692.jpg

夕日が見れる時間に帰宅出来て、とってもご機嫌のキャロルでした。
[PR]
by karol1 | 2008-05-24 12:57 | キャロル邸より | Comments(0)

③キャロルの生徒達も、今週がピアノ科生徒のNYSSMA〔ニズマ〕オーディションウィーク。
これはニューヨーク州立の学校組織で行われている年に一度の試験なのですが、
一人一人が細かく採点され、審査員のコメントも付いてくる、というもの。

ある程度できる生徒達を送り出しているのですが、それでもレベル1~6まで課題曲があって、課題であるスケールや初見の試験に備えて、生徒達ひとりひとりに細かく指導が連日遅くまで続いていました。

カレッジ部門の期末(ファイナル)も今月半ばに行われ、すでに大学生達は夏休みに入っています。


④春から続いていたオーディションの伴奏も、今週、ジュリアード・プレカレッジ部門オーディションの伴奏で、シーズン終了です。

あとは、学校内のコンクールやリサイタルの伴奏が来月にあるくらいかな。



⑤昨日、めずらしく平日夜にマンハッタンでのコンサートに出かけてみました。
d0107660_13235678.jpg

↑左に見えるのはパイプオルガンです。

マンハッタンの一等地にあるこのホール、とっても天井が高いわ~!
d0107660_13251545.jpg

たまには、平日にこうして自分の為に時間を作るのって、英気を養う意味でもとっても大切よね!


今週末はメモリアルウィークエンドで久しぶりの3連休。お天気も良い3日間になるとかで、楽しみです!058.gif
[PR]
by karol1 | 2008-05-23 13:25 | New Yorkの街より | Comments(0)

アメリカは今、この時期が学年度末にあたります。
だから、この時期は音楽家にとって最も忙しい時でもあるけれど、それと共にシーズンが次々と終了して行きます。

①キャロルの所属するオーケストラも、このコンサートで今年のシーズンも終了。
d0107660_1332387.jpg
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、素晴らしい演奏でした。

次の公演は7月にアウトドアーコンサートがあるので楽しみです。
(野外コンサートは、今年がキャロル、初参加です)←花火も上がるというし、楽しみ~!


②キャロルがリハーサルピアニストをしているオペラカンパニーも、キャロルが担当するリハーサルは全て終了。

レジーナ・オペラカンパニー公演
ヴェルディー:歌劇トロバトーレ

d0107660_1374674.jpg

公演は31日から始まります
[PR]
by karol1 | 2008-05-23 12:54 | 仕事/音楽関連 | Comments(0)

〔426〕 ソリスト

アメリカに11年生活していても、和製カタカナ英語には注意が必要です。

というのは、カタカナで日本語になっていると、それが外国から来たものだから英語と同じ発音だと思ってしまうから。

例えば、オーケストラで協奏曲を演奏する時に呼ぶのが『ソリスト』ですよね。
でも、英語では『ソリスト』ではないのです。

『ソロイスト』

なんでどこを間違って『ソリスト』になってしまったのか???です。

soloist:
【名】
独奏者{どくそう しゃ}、独演者{どくえん しゃ}、ソリスト
・The violin player was a great soloist. : そのバイオリン奏者は偉大な独奏者だった。
7、ソロイスト、《複》soloists、〈〈so・lo・ist〉〉
soloist in a concerto
協奏曲の独奏者


こういう違いって、小さい様で意外と大きい驚きだったり。

***

先日スーパーで買った生バジルがと~っても良い香りを放っているので、部屋に吊るしてみたら、なんとまあ、部屋中が安らぎの香りに056.gif

More
[PR]
by karol1 | 2008-05-16 12:52 | 普通の日記 | Comments(0)

ハドソン川はキャロルのお気に入りの場所。ここはボートの終着所です。

向こうに見えるのはニュージャージーです。
d0107660_14241463.jpg

ハドソン川沿いは、マンハッタンの下はバッテリーパークから、上はインウッドまでずっと緑道が続いているの。サイクリングロードや公園もあって、とっても素敵!

シュリンプカクテルとカラマリ(イカのフライ)がとっても美味しかった!(屋外だと何でも美味しく感じますよね)
d0107660_1423492.jpg

[PR]
by karol1 | 2008-05-16 01:47 | New Yorkの街より | Comments(0)

オペラ稽古が行われているのは、レジーナ教会の敷地内にある一角。

隣接しているレジーナ教会に入ってみました。
d0107660_1355148.jpg

会場では結婚式が行われている最中でした。
d0107660_1356024.jpg

天井絵も素敵です。
d0107660_13565550.jpg

オペラ稽古も佳境に入ってきました。
5月に入ってからは毎回通し稽古になっているので、面白いです!

〈撮影場所〉
Regina Church: 65st&12Ave.in Brooklyn 
[PR]
by karol1 | 2008-05-13 14:00 | New Yorkの街より | Comments(2)

毎週日曜日朝はセントラルパークに集合です。
d0107660_3272298.jpg

パーク内にはこんな小川があったり、まるで大自然です。
d0107660_3275068.jpg

野鳥の会のメンバー。追っているのはもちろん鳥。
鳥といっても奥が深く、知れば知るほど面白い世界なんですね。
d0107660_3282820.jpg

約3時間の散策を終えた後は、ゴール地点はここ。
d0107660_329096.jpg

ボートハウスでのランチは、眺めが良くて最高!
d0107660_3292226.jpg

今のこの時期は渡り鳥の最盛期で、貴重な鳥達がたくさんNYのセントラルパークに集まっていました。野鳥の宝石と言われる鶯(うぐいす)もたくさん見ることが出来て、大満足!

うぐいすは渡り鳥なので、この時期しか見ることが出来ないので貴重なのです。
[PR]
by karol1 | 2008-05-06 03:44 | New Yorkの街より | Comments(2)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31