今日は、学年末のキャロルの生徒達の発表会(ピアノリサイタル)、が開催されました!

生徒達は、ひとりひとり、本当に心をこめて丁寧に演奏をすることができて、キャロルも心から嬉しい気持ちでいっぱいです。

私の子供達です。
d0107660_11143046.jpg


*******

実は、この音楽学校で教え始めてちょうど満10年になりました。

2001年にこちらの大学院を卒業した直後の5月から教え始めて、同年に911テロリスト同時多発テロがありました。いろいろな事が起こった2001年でしたが、それからは平和に2011年を迎えています。

当時6歳だった生徒は16歳に、
当時2歳だった子供はもう12歳に、
当時0歳(生まれたばかり)だった子供は10歳に。
そして当時10歳だった生徒は20歳になり、大学に進学しています。
こうしてみると、10年間の間に子供の成長をいうのを見守ってきたと言えるでしょうか。


その間にも、下の子が次々と大きくなって、兄弟姉妹でピアノを習うようになっていき、3人目も就学するようになったりで、次々とキャロルファミリーは繫栄していきましたよ。


自分で産める数は限られていますが、たくさんの父母が産み育ててくれているので、キャロルママはおおらかに見ることができるのでしょうね。それにしても、本当に素晴らしい家族達とこうして関わることが出来て、その幸せに感謝しています。


そんな訳で、祝10周年!!

[PR]
by karol1 | 2011-06-17 11:14 | 生徒の発表会 | Comments(2)

d0107660_11403472.jpg
先日には、今年最後の生徒達の発表会がありました。

生徒達も毎年成長してくれて、当時小学校に入りたてだった生徒さんが、もう私よりも背が高くなっていたり。時が経つのは早いものです。と同時に子供の成長は早いものです。

同時に、9月からの新しい生徒さん達4人が発表会デビューをしました。かわいいものです。



さて、キャロルは現在パッキング中。明日からは海を越えて、日本です~


皆様も、良いクリスマス&お正月をお迎えくださいね!


では次の投稿は日本からになります~
[PR]
by karol1 | 2010-12-21 23:31 | 生徒の発表会 | Comments(2)

生徒の発表会

こんにちは、

投稿しそびれていた、キャロルの生徒達の発表会の写真です!

みんな、かわいいでしょー!!
d0107660_11142345.jpg

みんな、キャロルの子供達です。

ひとりひとりが、心をこめた演奏を披露してくれて、こちらまでキュンとしてしまいました。

教師やっていて良かったーと思える瞬間です。


ではまたね。
[PR]
by karol1 | 2010-06-22 10:54 | 生徒の発表会 | Comments(0)

タイトルどおり、キャロルの生徒達のピアノ発表会も無事に終了しました。
d0107660_14585763.jpg

みなさん、良い演奏を披露してくれました。

お陰様で良い発表会になりました。

生徒達の成長が見られ、父母も満足してくれたことと思います。

キャロルもご満悦です。

さてさて、キャロルの仕事はクリスマスイブまで続きます。(なんと最終日がレコーディング)


そうそう、年末は日本に里帰りです!

もう、忘年会も企画してくれているとのことで、皆に会えるのを今から楽しみにしていますよ~

またね。
[PR]
by karol1 | 2009-12-23 01:10 | 生徒の発表会 | Comments(0)

今日はキャロルの生徒達の発表会がありました。

長く教えていると、兄弟姉妹全部を預かることが多くなります。
この生徒達も3人兄弟姉妹。レベッカ・ソフィア・スティーブンの三人です。
d0107660_16384799.jpg

皆でクラス写真を撮りました~
d0107660_16393531.jpg

生徒達ひとりひとり、皆良い演奏を披露してくれて、とても素敵な発表会になりましたです。

会場は席が足りないくらい満員になったけれど、とにかく父母の皆さんが大満足してくれた事が何よりも嬉しい限りです。

それに、子供達にとってもアドバンスの生徒さんの演奏を聴く事によって、それがとても良い刺激になったのではと思うのですね。とにかく、私自身、終わってホッとしましたです。

これまで、とにかく走り続けていたキャロルだけれど、これで少しゆっくり出来るかな。

仕事の方はクリスマスイブまであと一週間と2日あるけれど、でもゆっくりのんびりとやるつもりです。

ではまた~
[PR]
by karol1 | 2008-12-14 04:30 | 生徒の発表会 | Comments(2)

週末には、オペラ以外にも様々なコンサートがありました。

ひとつは、キャロルの生徒達の学年末リサイタル。
d0107660_15225018.jpg

翌日は、今度はヴァイオリンの先生の生徒達のリサイタル。

↑これ、キャロルが全部の生徒さんを伴奏しました。ずっと弾き続けていた為に、写真はないです。

今度は自分のヴァイオリンも頑張ろうと思ったキャロルでした。
[PR]
by karol1 | 2008-06-26 09:35 | 生徒の発表会 | Comments(0)

クリスマス前に行われた、キャロル生徒達の発表会の写真です。

これは小学生と中学生が中心の発表会です。最前列にいる生徒も全員1年生以上になりました。キャロルにピアノを習い始めたのは幼稚園の時でも、もうあっという間に4年生とか5年生になっているのですからね~
ここには高校生&大学生、そして大人の生徒さんはなぜか参加を控えていますが、それにしても小さい子達はかわいいわ~(まるで我が子の気分)
d0107660_1121146.jpg

年が明けて、今度は春に行われる『NYSSMA』と呼ばれるニューヨーク州立実技試験に向けて、スタートを切っています。

これは小学校低学年でも課題をクリア出来る生徒なら、トライさせるようにしています。これはNY州内であれば、公立でも私立の小・中・高校、どの学校からでも出願できます。
このロングアイランドのエリアは、教育水準が極めて高く、芸術にも力を入れています。小学校からオーケストラや吹奏楽があり、3年生から楽器を選択できるのです。ヴァイオリン、チェロだけでなく、フルート、クラリネットだけでもなく、全てのオーケストラ楽器の選択が可能。例えばフレンチホルンとか、トロンボーンだとか、はたまたベースクラリネットだとか。
学校にはコンサートホールまであり、そこで小学生でも定期オーケストラコンサートがある程なんです。もう高校生レベルになると、超本格的。
公立学校とは言えども、オーケストラや吹奏楽の先生は、かなりすごい先生であることが多いです。

このNYSSMA(NewYorkStateSchoolMusicAssosiation)は、それぞれのレベル(1~6)で課題曲が出されていて、それからスケール(音階)と初見が出題されます。一人一人に点数とジャッジのコメントもくれるのよ。教師に取っても、勉強になりますからね。

大学生は中間や期末試験があるけれど、子供達にもそういう励みがあると、頑張れるものね!発表会とは違った意味で。

今年は、更に生徒それぞれのレベルを上げること、そして高得点が取れることを目標に、今年も頑張ります!
[PR]
by karol1 | 2008-01-10 12:37 | 生徒の発表会 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30