ファツイオリ・ピアノショールームへ行って来ました

みなさんは、世界の三大ピアノメーカーと聞くと、どの名前を挙げますか?

スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタイン、これらが、三大ピアノメーカーと言われるもの達です。

幸運にも、今月は、2度の演奏会で、それぞれ、3月11日の東京オペラシティではスタインウェイを。3月18日の瑠璃光院ではベーゼンドルファーを弾かせていただきました。
それぞれの特徴が、良く分かり、貴重な機会でありました。

そして、今度は、それらを上回るとも言われる、今、世界のアーティスト達が注目しているイタリアのピアノメーカー、ファツイオリのピアノショールームへ行ってまいりました。
d0107660_01001727.jpg

中へ入ってみると、その存在感に圧倒されます。そして、これだけの数のファツイオリのピアノが揃っているには、世界で唯一なのだとか。
d0107660_00555637.jpg

そして、置いてある全てのピアノがファツイオリのみ、と言うのも、世界でここだけなのだとか。

早速、端から次々と指弾してみます。

なんという響きなのでしょう。

高音も低音も良く出て、そして全体のバランスが絶妙であります。
細かいところまで、全てがクリアに聞こえるのです。
d0107660_00555774.jpg

そして、次々と弾かせていただきました後で、いよいよ最後になりましたピアノになります。(写真下)
d0107660_01043901.jpg

こちらが一番奥にある、トリプルサウンドボードと言われる、ファツイオリが特許を取った最新のモデル。

もう、この音色には想像を超えた素晴らしさで、ノックアウト寸前です。(これです↓)
d0107660_00555840.jpg

それにしても、ファツイオリのピアノの事は、以前から話には聞いておりましたが、やはり百聞は一見にしかずです!!

そして、ピアノ椅子も、ここで買えることが分かり、メモメモメモです。

と言うのも、コンサートタイプのどっしりとしたピアノ椅子を探していたのですが、ここのは更に、そのどっしりとした椅子が手首を使って捻らず、一瞬で高さ調整が出来るのですよ。もちろん、ファツイオリが開発したものだそうです。

とにかく、ピアノは、実際に行ってみて、見てみて、そして自分で弾いてみて、ようやくその真価が分かるのだなあと実感いたしました。

そして、ピアニストの旅は、まだまだ始まったばかり。

今回は、私の大人の生徒さんのピアノ選びで参りましたので、自分様にではないのですが、やはり自分の事の様に嬉しいです。

それでは、このお買い物が上手く行けばまた報告します。
d0107660_01001759.jpg


001.gif




[PR]
by karol1 | 2017-03-24 22:32 | Comments(0)

15年のNY暮らしの後、結婚を機に東京へ。そしてピアノスタジオ・ジャコメッティを開設。そんな福田薫の普段の生活をリポートします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30